ページの先頭です。
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 防犯・安全 > 交通安全 > 山口市子育て応援サイト > チャイルドシートは正しく着用しましょう
1.妊娠おめでとうございます
6.認定こども園
9.ひとり親家庭への支援
10.どうしよう急な病気やけが
資料.幼稚園、保育園、認定こども園等の認定区分

チャイルドシートは正しく着用しましょう

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月21日更新 <外部リンク>

チャイルドシートは交通事故の被害から幼児を守ります。

幼児を自動車に乗せて運転する時は必ずチャイルドシートを使用しましょう。自動車の運転者は、チャイルドシートを使用しない6歳未満の幼児を乗せて、運転してはならないことが決められています(道路交通法第71条の3第3項)。

また、チャイルドシートを使用していても、正しく座らせていなかったり、車両への取り付け固定が不十分である場合には、チャイルドシート本来の機能が発揮できず、交通事故時に幼児を守ることができないことがあります。


なお、6歳以上の子どもであっても、体格等の事情により、シートベルトを適切に着用させることができない場合は、チャイルドシートを使用しましょう。

 

チャイルドシートの貸し出しについて

交通安全協会に入会すると、各地区の交通安全協会でチャイルドシートを無料で借りることができますので、山口県交通安全協会のHP(地区連・各地区交通安全協会コーナー)をご覧ください。

詳しくは下記番号へお問い合わせください。

電話番号 083-973-0388(山口県地区交通安全協会連絡協議会)

 

 

関連リンク

 ・一般財団法人山口県交通安全協会<外部リンク>

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


前のページに戻る
このページのトップへ