本文

鴻ノ峰

印刷用ページを表示する掲載日:2021年3月31日更新 <外部リンク>
こうのみね
鴻ノ峰

種別

名勝

指定区分(1)

未指定

地域

大殿

所在地

山口市上宇野令

概要

説明

高さの割にはどの方面からも急峻で、秀麗な山容。北は古城ヶ岳、大蔵山に、西は兄弟山に連なる。東麓には大内義興の発願により永正17年(1520)伊勢神宮より勧請された山口大神宮(旧称 高嶺太神宮)が鎮座する。山頂から尾根上にかけて大内義長が築いた高嶺城跡(国指定史跡、続日本100名城)が広がる。テレビ中継所等が建ち、その付近から市街地を俯瞰できる。

規模

標高338m

材質

三郡変成岩類

立地

山口市街地の北西

文献

・『山口県の地名』平凡社1980
・『角川日本地名大辞典35 山口県』角川書店、1988
・金光康資『防長山野へのいざない 第3集』2001
・山口市『山口市史 史料編 大内文化』2010

関連文化財群

今に息づく大内氏の歴史文化