本文

法光寺の供養塔

印刷用ページを表示する <外部リンク>
ほうこうじのくようとう
法光寺の供養塔

指定区分(1)

未指定

種別

有形文化財(建造物)

地域

徳地(串)

所在地

山口市徳地鯖河内1444番地 法光寺

概要

説明

 方形の基礎・塔身・蓋からなり、蓋の上に相輪、蓋の四隅に隅飾り突起が付いている。特に銘は見られなかった。
 約800年前後俊乗房重源上人が東大寺再建用材をこの地に求める際、杣事業成就にあたり建立されたものである。
 ※南都東大寺再建興大勧進俊乗房重源上人開基の「安養寺の圖」から当時の七房のひとつ月光坊跡から約40年この境内に移されたものである。

形態

宝篋印塔

規模

幅65cm 高120cm

材質

石(花崗岩)

立地

阿弥陀堂の前