トップページ > 地域 > 嘉川 > 嘉川小学校 楠

本文

嘉川小学校 楠

印刷用ページを表示する掲載日:2021年3月31日更新 <外部リンク>
かがわしょうがっこう くすのき
嘉川小学校 楠

種別

天然記念物

指定区分(1)

未指定

時代(大分類)

近代

時代(小分類)

明治

地域

嘉川

所在地

山口市嘉川4986番地 嘉川小学校

概要

説明

 明治24年(1891)当時の児童であった長掛友之助さん他数人が嘉川西本郷の出葉(ゆずりは)から掘ってきたクスノキ2本を植えたもので嘉川小学校のシンボルとなっている。
 その後、校舎等の新築で現在地に移植されたが、今は100年を超える大木となっており、児童の成長をずっと見守っている。

形態

樹木

規模

2本 樹高約20m

立地

嘉川小学校 体育館前

文献

嘉川自治連合会『ふるさと嘉川の遺跡・史跡』2015、P26-29(東ルート11,12)