トップページ > 地域 > 宮野 > 絹本着色性堂永杲像 [常栄寺]

本文

絹本着色性堂永杲像 [常栄寺]

印刷用ページを表示する掲載日:2021年7月12日更新 <外部リンク>
けんぽんちゃくしょくしょうどうえかぞう
絹本着色性堂永杲像

種別

有形文化財(美術工芸品)

美術工芸品の分類

絵画

指定区分(1)

市指定

指定区分(2)

有形文化財

指定年月日

平成28年1月13日

時代(大分類)

近世

時代(小分類)

江戸

地域

宮野

所在地

山口市亀山町3番1号 山口県立美術館(寄託)

概要

説明

 常栄寺十一世住持である性堂永杲を描いた禅僧肖像画である。作者は円山応挙、賛者は性堂永杲自身である。
 寛政元年(1789)から寛政7年(1795)の間に描かれたと考えられる。
 円山応挙は江戸時代中期の画家で、装飾性と写実性を融合させた独自の画風を完成させた。代表作に兵庫県大乗寺や香川県金刀比羅宮の襖絵がある。
 性堂永杲は周防小郡に生まれ、寛政元年から文化9年(1812)までの間、常栄寺十一世住持を務めた。
 本作品は円山応挙の数少ない頂相画の一つであり、保存状態も良く貴重である。

関連ウェブサイト

■文化遺産オンライン
https://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/278306<外部リンク>

規模

縦118.4cm、横55.2cm

制作者等

円山応挙