トップページ > 地域 > 大殿 > 紙本墨書嘯岳鼎乕墨蹟(遺偈)

本文

紙本墨書嘯岳鼎乕墨蹟(遺偈)

印刷用ページを表示する掲載日:2021年7月12日更新 <外部リンク>
しほんぼくしょしょうがくていこぼくせき (ゆいげ)
紙本墨書嘯岳鼎乕墨蹟(遺偈)

種別

有形文化財(美術工芸品)

美術工芸品の分類

書跡

指定区分(1)

市指定

指定区分(2)

有形文化財

指定年月日

平成22年2月17日

時代(大分類)

近世

時代(小分類)

安土桃山

地域

大殿

所在地

山口市水の上町5番27号 洞春寺

概要

説明

 嘯岳鼎乕(しょうがくていこ)没年の慶長4年(1599)に書かれており、遺偈(ゆいげ)と考えられる。
嘯岳鼎乕は博多に生まれ、入明後、竹原・妙法寺の住職などを務めた。元亀3年(1572)に毛利元就の菩提寺・洞春寺を毛利輝元が建立する際に開山として迎えられた。
 高僧が死の直前に書いた偈を遺偈と呼ぶが、本作品も嘯岳鼎乕の禅僧らしい悟りの境地が示されている。市内に残る桃山時代の遺偈の希少な遺品である。

規模

縦25cm、横31.1cm

製作年/建造年

慶長4年(1599)