ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市の概要 > 国際交流 > 山口市と交流のある海外都市のご紹介

山口市と交流のある海外都市のご紹介

印刷用ページを表示する掲載日:2020年7月21日更新 <外部リンク>

姉妹友好都市

パンプローナ市(スペイン)

 
締結日1980年2月19日
人口約21万人(2020年5月1日時点)
面積25.24平方キロメートル

パンプローナ市はナバラ州の州都で、政治・経済・文化の中心として栄えています。
日本に初めてキリスト教を伝え、山口市に滞在した聖フランシスコ・サビエルが生まれたのがナバラ州であったことから、州都・県都間の交流促進のため姉妹都市締結を行いました。

 

済南市(中国)

 
締結日1985年9月20日
人口約890万人(2019年12月1日時点)
面積8,177.21平方キロメートル

済南市は山東省の省都で、政治・経済・文化の中心地として発展してきました。
山口県と山東省が友好提携(1982年)をしたことを契機に同省の省都済南市と県都山口市が友好都市となりました。

 

公州市(韓国)

 
締結日1993年2月23日
人口約10万人(2020年5月1日時点)
面積940.82平方キロメートル

公州市はかつて百済王国の都として栄え、多くの文化財が残る歴史・文化のまちです。
大内氏の始祖が百済第26代聖明王の第3王子・琳聖太子であると伝えられていることから姉妹都市となりました。

 

昌原市(韓国)

 
締結日2009年11月16日
人口約105万人(2020年5月1日時点)
面積747.04平方キロメートル

昌原市は慶尚南道の道庁所在地で、韓国初の計画都市として整備され、政治・行政・産業・文化の中心都市として発展しています。
山口県と慶尚南道が姉妹都市提携していることを契機に、東アジア間の交流拡大につながる多層多面的な交流を実現しようという両市の思いが一致したことから姉妹都市となりました。

その他の交流都市等

鄒平市(中国)

 
締結日1995年5月13日
人口約80万人(2015年12月時点)
面積1,251.52平方キロメートル

旧小郡町で民間交流が行われてきた経緯から、友好交流促進についての議定書締結し、青少年の相互交流などを行ってきました。

 

・ロヴァニエミ市(フィンランド)

 
締結日2016年11月8日
人口約6万人(2020年1月時点)
面積8,017平方キロメートル

「クリスマス」を通して、国内外に観光都市としての魅力を発信することなどを目的に、観光交流パートナーシップ協定を締結しています。

 

・台北市温泉発展協会(台湾・台北市)

 
締結日2017年10月20日
人口約265万人(2019年10月時点)
面積2,436平方キロメートル

山口市湯田温泉旅館協同組合と台北市温泉発展協会は、「温泉」を通じた両市の魅力を発信し、交流人口の増加を目指すため、友好交流協定書を締結しています。

 

関連リンク

パンプローナ市公式サイト(外部リンク)<外部リンク>

済南市公式サイト<外部リンク>(外部リンク)

公州市公式サイト(外部リンク)<外部リンク>

昌原市公式サイト(外部リンク)<外部リンク>

鄒平市公式サイト<外部リンク>(外部リンク)

ロヴァニエミ市公式サイト(外部リンク)<外部リンク>

台北市温泉発展協会公式サイト(外部リンク)<外部リンク>