ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 地域生活部 > 市民課 > マイナンバーカードの記載事項に変更が生じた場合

マイナンバーカードの記載事項に変更が生じた場合

印刷ページ表示 更新日:2022年3月30日更新 <外部リンク>

マイナンバーカードの記載内容に変更が生じた場合

住所や氏名の情報に変更が生じた場合、窓口で記載事項の書き換えを行います。

手続きしていただくのは主に以下の場合です。

  • 住民票の住所を異動した場合
  • 婚姻届などで氏名が変わった場合
  • 在留期限が延長となった場合(外国籍の方)

必要なもの

手続きの際には数字4桁の暗証番号(住民基本台帳用)を照合します。

必要なもの
手続きをする方 提出書類 本人確認書類
本人 マイナンバーカード  
同一世帯員 本人のマイナンバーカード 【同一世帯員】
下記表からA1点もしくはB1点

法定代理人
(15歳未満の子の親権者・成年後見人)

  • 本人のマイナンバーカード
  • 戸籍謄本、成年後見登記事項証明書等の代理権を確認する書類(発行から3か月以内のもの)
【法定代理人】
下記表からA2点もしくはA1点+B1点
任意代理人
(手続きに数日かかります。詳しくは「任意代理で手続きされる場合」参照)
本人のマイナンバーカード

【任意代理人】
下記表からA1点もしくはB1点

本人確認書類について

A

マイナンバーカード、運転免許証、パスポート、在留カード、障害者手帳 等

B

健康保険証、医療受給者証、診察券、年金手帳、学生証 等

<注意事項>

  • いずれの書類も原本をお持ちください。
  • いずれの書類も「住所・氏名」もしくは「氏名・生年月日」の記載が必要です。
  • 有効期限のあるものは期限内のものをお持ちください。

任意代理で手続きされる場合

任意代理での手続きの場合照会書でやり取りするため、手続きの完了まで数日かかります。
手続きの流れは以下のとおりです。

  1. 代理人の方が窓口で申請書を出された後、申請者本人宛に照会書兼回答書、委任状をお送りします。
  2. 届いた照会書兼回答書、委任状に必要事項を記入してください。
  3. 記入された照会書兼回答書と委任状を封緘し、マイナンバーカードと一緒に代理人に渡し市役所での手続きを委任してください。
  4. 窓口にてマイナンバーカードの記載事項を変更し、代理人にお返しします。

注意事項

(1)転入の場合は手続きの期限があり、以下の場合マイナンバーカードが失効し使えなくなります。

  • 転入した日(新たな住所に住み始めた日)から14日を経過した場合
  • 転入手続きをした後、マイナンバーカードの住所変更の手続きをしないまま90日を経過した場合
  • 転出予定日から30日を経過した場合

(2)マイナンバーカードに搭載された署名用電子証明書は、マイナンバーカードの記載事項に変更が生じると自動的に失効します。署名用電子証明書の発行手続きは原則本人にしていただくことになりますのでご注意ください。

(3)カードに設定された暗証番号がわからない場合、再設定の手続きが必要です。詳しくは下記リンク先をご覧ください。
山口市ウェブサイト「マイナンバーカードの暗証番号変更・再設定について」

このページは分かりやすかったですか?

 市ウェブサイトをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆さんのご意見をお聞かせください。
 なお、このページの記載内容に関するお問い合わせは、メール、電話等にて下記の問い合わせ先にお願いします。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

本フォームからのご意見・お問い合わせには返信できませんのでご了承ください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。