ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > ごみと資源の分け方・出し方情報サイト > Q 発泡スチロールは、なぜ燃やせるごみなのか

Q 発泡スチロールは、なぜ燃やせるごみなのか

印刷用ページを表示する掲載日:2020年7月20日更新 <外部リンク>

発泡スチロールは、なぜ燃やせるごみなのか

プラスチック製容器包装は、リサイクルプラザにある圧縮機でギュッと圧力をかけて大きなサイコロ状態に梱包し、リサイクル業者に運搬されます。

山口市の持っている機械は、肉や魚のトレー程度の発泡スチロールは問題なく圧縮処理できるのですが、電気製品の梱包に使用されるような大きな発泡スチロールについてはうまく圧縮処理ができません。

プラと表示されていても、小さく割って指定収集袋に入れて、燃やせるごみに出していただくようお願いします。

発泡スチロール

 

このページは分かりやすかったですか?

 市ウェブサイトをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆さんのご意見をお聞かせください。
 なお、このページの記載内容に関するお問い合わせは、メール、電話等にて下記の問い合わせ先にお願いします。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

本フォームからのご意見・お問い合わせには返信できませんのでご了承ください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。