ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 救急・防災 > 消防 > 火災を予防するには・・・

火災を予防するには・・・

印刷用ページを表示する掲載日:2016年9月1日更新 <外部リンク>

火の用心 

火の用心「7つのポイント」

  1. 家のまわりに燃えやすいものを置かない。
  2. 寝たばこやたばこの投げ捨てをしない。
  3. 天ぷらを揚げるときには、その場を離れない。
  4. 風の強いときは、たき火をしない。
  5. マッチやライターで遊ばない。
  6. 電気器具は正しく使い、たこ足配線はしない。
  7. ストーブに燃えやすいものを近づけない。

「草焼き火災」にご注意を!

  • 乾燥注意報や強風注意報発令中の草焼きは控えましょう。
  • なるべく1人で行わず、複数人数で行いましょう。
  • 水バケツや消火器などの消火用具を事前に準備しましょう。
  • 厚い生地の衣服を着るなど、着火しにくい服装で行いましょう。
  • 終了時には、火が完全に消えたことを確認しましょう。
  • 草焼きをする前は、消防署へ事前の届出をしましょう。

火事になったら・・・!

  • 「火事だー!」とみんなに知らせるか、または119番通報してください。
    このときに大切なのは、火を消すのは大人にまかせて、子どもは火事場に近づかないようにすることです。
  • 逃げるときは、タオルやハンカチで鼻と口をおおってください。
    一度避難したら絶対に引き返さないでください。

ご案内

問い合わせ先消防本部予防課予防担当
電話番号 083-932-2605

このページは分かりやすかったですか?

 市ウェブサイトをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆さんのご意見をお聞かせください。
 なお、このページの記載内容に関するお問い合わせは、メール、電話等にて下記の問い合わせ先にお願いします。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

本フォームからのご意見・お問い合わせには返信できませんのでご了承ください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。