ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 山口市シニア生活応援サイト > 認知症に関する啓発冊子「もしも 気になるようでしたらお読みください」のご紹介

認知症に関する啓発冊子「もしも 気になるようでしたらお読みください」のご紹介

印刷用ページを表示する掲載日:2020年9月28日更新 <外部リンク>

冊子表紙  見開き

「もしも 気になるようでしたらお読みください」は、認知症介護研究・研修仙台センターが発行している認知症に関する啓発冊子です。

“最近、もの忘れが気になる”、“もしかして、認知症?”

こうした違和感や不安感を覚えたご本人やご家族が、自分で病院や地域包括支援センターに行こうと思えるように、認知症という言葉をできるだけ使わない絵本のような冊子です。

この冊子には、その違和感に対処するための情報や、どこの誰に、どのように話せばよいのかの一例が書かれています。

下記のホームページから、冊子を自由にダウンロードすることができますので、ぜひお読みください。

認知症介護情報ネットワーク https://www.dcnet.gr.jp/support/cafe/index.php<外部リンク> QRko-do

冊子の詳しい内容は、こちらのちらしでも紹介しています 紹介ちらし [PDFファイル/828KB]

 

 

 

このページは分かりやすかったですか?

 市ウェブサイトをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆さんのご意見をお聞かせください。
 なお、このページの記載内容に関するお問い合わせは、メール、電話等にて下記の問い合わせ先にお願いします。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

本フォームからのご意見・お問い合わせには返信できませんのでご了承ください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)