ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 農林政策課 > 農用地区域に含まれる農地の除外手続き(いわゆる農振除外)について

農用地区域に含まれる農地の除外手続き(いわゆる農振除外)について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年8月1日更新 <外部リンク>

 農用地区域は、農業上の利用を確保するために定められた区域であることから、その区域内にある農地(いわゆる青地農地)の農業以外の目的(住宅、駐車場、資材置場、商業施設等)への転用は、農業振興地域の整備に関する法律(以下、農振法)により厳しく制限されています。そのため農地以外の利用を計画されるときは、原則、非農地または白地農地を選定してください。
 しかし、やむを得ず農業以外の目的へ転用する必要がある場合は、農振法によって定められた要件をすべて満たす場合に限り、その土地を農用地区域から除外(いわゆる農振除外)することができます。
 なお、農振除外の手続き後は、原則、農業委員会で農地転用等の手続きが必要になります。

※現在、申出から手続き完了までおおむね6ヶ月程度の期間を要しています(異議申立や審議の状況等によっては更に日数を要する場合があります)。

申出の手順(農振除外)

1. 青地農地を農地以外に利用する計画を考えた時点で、農振除外ができる見込みがあるか否か、農林政策課(電話083-934-2815)に確認してください。(必ず、申出書類を準備する前に確認してください。農振除外ができない場合、用意した書類が無駄になってしまいます。)

2. 農振除外ができる見込みがあるときは、申出書類一式を準備し、事前確認として受付期間の前月中に、申出書類一式を農林政策課へご提出ください。(持参・メールどちらでも可能です。農林政策課で内容を確認のうえ不備の有無について連絡します。)

3. 受付期間中に申出書類一式をご提出ください。
 原本1部、複製4部(カラー部分についてはカラーコピーが必要)

4. 農振除外受付後の流れは次のとおりです。

 関係機関への協議や県への事前協議を経てどこからも異議がでなければ、農業委員会で農地転用等の手続き開始となります。異議なしの旨は、農林政策課から電話でお知らせします。(申出から約3か月後)

 その後、県への本協議や2回の公告が完了すると農振除外の手続きは完了となりますので、その旨、農林政策課から電話でお知らせします。(申出から約6か月後)

受付期間

受付は「年3回」となります。
◆1回目: 1月1日~1月15日 (午前8時30分~午後5時15分)
◆2回目: 5月1日~5月15日 (午前8時30分~午後5時15分)
◆3回目: 9月1日~9月10日 (午前8時30分~午後5時15分)
※いずれも閉庁日を除く。最終日が閉庁日の場合はその次の開庁日まで。
※受付後、農振除外の手続きが完了するまでに約6ヶ月かかります。

申出に必要な書類

下記の書類ダウンロード「04 申出に必要な書類一覧」をご覧ください。

書類ダウンロード

00 農用地区域(青地)からの除外要件 [Excelファイル/17KB]

01 手順書【農振除外】 [Wordファイル/34KB]
04 申出に必要な書類一覧【農振除外・軽微変更】 [Excelファイル/21KB]
05 農用地区域変更申出書(様式1) [Excelファイル/31KB]
06 計画内容調査票(様式2) [Wordファイル/41KB]
07 事業主体の土地選定状況調査票(様式3) [Wordファイル/33KB]
08 周辺農地への配慮調査票(様式4) [Wordファイル/41KB]
09 別紙A(申出地が多い場合) [Excelファイル/12KB]
10 別紙B(申出人が複数の場合) [Excelファイル/14KB]

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。