ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 防犯・安全 > 消費者トラブル > 新聞を2紙も必要ないのに契約してしまった

新聞を2紙も必要ないのに契約してしまった

印刷用ページを表示する掲載日:2016年9月1日更新 <外部リンク>

A.新聞購読契約をする際は、契約期間などの内容をよく確認しましょう。回答:新聞購読契約をする際は、契約期間などの内容をよく確認しましょう。

新聞購読契約をする際には、契約期間などの内容をよく確認したうえで、自分で記名、押印し、契約書類は大切に保管しておきましょう。

事例

妻が2年前に、A新聞と今年から3年間の購読契約をしていたのを知らずに、昨年夫が、B新聞と今年から2年間の購読契約をしていた。今年になり、2紙が配達され始めたため、2紙の購読期間が重なっていたことに気付いた。2紙も必要ないので、解約できるかどうか知りたい。

アドバイス

この事例のように、契約期間をよく確認せずに契約したため、二重契約になったが解約できないといった相談が多く寄せられています。新聞は特定商取引法のクーリング・オフの対象商品なので、訪問販売により新聞購読契約をしたが解約したい場合には、契約書を受領した日から8日以内はクーリング・オフができます。しかし、事例のような場合、すでにクーリング・オフ期間が経過しているため、一方的な契約解除はできません。A新聞とB新聞に事情を話し、どちらかの契約期間をずらしてもらえるかどうか、話し合ってみましょう。

ご案内

問い合わせ先山口市消費生活センター
電話番号 083-934-7171(相談専用)

このページは分かりやすかったですか?

 市ウェブサイトをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆さんのご意見をお聞かせください。
 なお、このページの記載内容に関するお問い合わせは、メール、電話等にて下記の問い合わせ先にお願いします。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

本フォームからのご意見・お問い合わせには返信できませんのでご了承ください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。