ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 資源循環推進課 > 2020年7月1日よりレジ袋有料化がスタートします

2020年7月1日よりレジ袋有料化がスタートします

印刷用ページを表示する掲載日:2020年6月30日更新 <外部リンク>

2020年7月1日よりレジ袋有料化がスタートします

 プラスチックは、非常に便利な素材です。成形しやすく、軽くて丈夫で密閉性も高いため、製品の軽量化や食品ロスの削減など、あらゆる分野で私たちの生活に貢献しています。一方で、廃棄物・資源制約、海洋プラスチックごみ、地球温暖化などの課題もあります。私たちは、プラスチックの過剰な使用を抑制し、賢く利用していく必要があります。

 このような状況を踏まえ、令和2年7月1日より、全国でプラスチック製買物袋、いわゆるレジ袋の有料化を行うこととなりました。これは、普段何気なくもらっているレジ袋を有料化することで、それが本当に必要かを考えていただき、私たちのライフスタイルを見直すきっかけとすることを目的としています。

 皆さんも、レジ袋有料化をきっかけに自身のライフスタイルを見つめ直し、エコバッグを持ち歩く等、できるところからプラスチックを賢く使う工夫をしてみましょう。

 

【レジ袋有料化に関する問合せ先】 

消費者向け電話番号 0570-080180

事業者向け電話番号 0570-000930

受付時間:平日9時00分から18時15分(土・日・祝日を除く)

 

詳しくは↓をクリックして経済産業省のページへ

プラスチック製買物袋有料化 2020年7月1日スタート<外部リンク>

 

山口県の「レジ袋無料配布中止」の取組について

 山口県容器包装廃棄物削減推進協議会では、家庭ごみの約6割(容積比)をしめる容器包装廃棄物削減の実践活動として、平成21年4月1日から、県内の大手食品スーパーを中心にレジ袋の無料配布を中止する「レジ袋無料配布中止」の取組を進めています。

 これは、環境負荷の少ない循環型社会の構築や地球温暖化防止の推進に向けた、レジ袋等の容器包装廃棄物削減のための取り組みであり、現在レジ袋辞退率が92.3%を達成し取組店舗数が全国トップクラスとなるなど、県民運動として大きな成果を上げています。(令和2年4月1日現在)

 今後もさらなる推進のため、お買い物の際には、マイバッグをお持ちいただきますよう御協力をお願いします。

マイバッグ マイバッグ2

○参加事業者を募集しています

このページは分かりやすかったですか?

 市ウェブサイトをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆さんのご意見をお聞かせください。
 なお、このページの記載内容に関するお問い合わせは、メール、電話等にて下記の問い合わせ先にお願いします。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

本フォームからのご意見・お問い合わせには返信できませんのでご了承ください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。