ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 防犯・安全 > 交通安全 > 夜間は反射材とハイビームを活用しましょう

夜間は反射材とハイビームを活用しましょう

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月21日更新 <外部リンク>

 ハイビームはロービームに比べ2倍以上先を照らします

日没が早まる秋・冬は、例年、夕暮れから夜間の交通事故が多発します。
夕暮れから夜間に起きる交通死亡事故の多くが歩行者の発見の遅れが原因となっています。
ハイビームはロービームに比べ2倍以上先を照らすことができます。
夕暮れ時には早めの点灯を心がけ、夜間に運転をする時は、原則ハイビームで走行、対向車等が近づいてくる時はロービームにこまめに切り替えをおこないましょう。
また、夜間に徒歩や自転車等で外出をする時は、白や黄色等の明るい色の服装を心がけ、反射材を着用しましょう

夜間は反射材を着用し、ドライバーから視認されやすくしましょう

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。