ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 防犯・安全 > 消費者トラブル > 市職員を名乗る不審な電話がかかってきました

市職員を名乗る不審な電話がかかってきました

印刷用ページを表示する掲載日:2016年9月1日更新 <外部リンク>

A.不審な電話があれば、まず市などに直接確認するようにしましよう。回答:不審な電話があれば、まず市などに直接確認するようにしましよう。

市職員が、還付金受け取りのためにATM操作を行うようことはありません。不審な電話がかかってきたときには、警察や市消費生活センターへすぐにご相談ください。

事例

自宅の電話に、市役所の職員を名乗る人から電話がかかり、「医療費の還付金があり、手続きが1時間以内に必要だ。指示する連絡先に電話するように」と言われ、電話をすると、通帳とキャッシュカードを持って、金融機関ではないATM(キャッシュコーナー)に行くよう言われた。

現状

最近では、還付金の手続き期限を「今日中」「1時間以内」などと言って、冷静に考える余裕を与えない手口や、スーパーやコンビニエンスストアなど、金融機関以外の比較的周囲から見逃されがちな場所のATMへ誘導される還付金詐欺が発生しています。

アドバイス

市職員が、還付金受け取りのためにATM操作を行うよう連絡することは、絶対にありません。不審な電話がかかってきたときには、警察や市消費生活センターへすぐにご相談ください。

ご案内

問い合わせ先山口市消費生活センター
電話番号 083-934-7171(相談専用)

このページは分かりやすかったですか?

 市ウェブサイトをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆さんのご意見をお聞かせください。
 なお、このページの記載内容に関するお問い合わせは、メール、電話等にて下記の問い合わせ先にお願いします。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

本フォームからのご意見・お問い合わせには返信できませんのでご了承ください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。