ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 広報広聴課 > 平成28年熊本地震への職員(建築物応急危険度判定士)を派遣しました

平成28年熊本地震への職員(建築物応急危険度判定士)を派遣しました

印刷用ページを表示する掲載日:2016年9月1日更新 <外部リンク>

平成28年熊本地震での建築物の応急危険度判定を行うにあたり、平成28年4月21日、派遣職員7人が市長へ報告をしました。  

現地では、被災した建築物を調査し、その後に発生する余震などによる倒壊の危険性や外壁・窓ガラスの落下、付属設備の転倒などの危険性を判定し、人命にかかわる二次的災害を防止する活動を行います。

派遣職員に対し、市長は、「被災された方々の支援をしっかりと行って欲しい」と述べました。派遣職員は、今後、2人ずつ交代で活動していく予定です。

派遣職員を激励する市長
派遣職員を激励する市長

派遣職員から報告を受ける市長
派遣職員から報告を受ける市長

職員から活動内容の説明を受ける市長
職員から活動内容の説明を受ける市長

ご案内

問い合わせ先開発指導課
電話番号 083-934-2845

このページは分かりやすかったですか?

 市ウェブサイトをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆さんのご意見をお聞かせください。
 なお、このページの記載内容に関するお問い合わせは、メール、電話等にて下記の問い合わせ先にお願いします。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

本フォームからのご意見・お問い合わせには返信できませんのでご了承ください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。