ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 国際交流課 > 山口市青少年訪問団が中国・済南市を訪問しました(平成29年8月2日から6日)

山口市青少年訪問団が中国・済南市を訪問しました(平成29年8月2日から6日)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月1日更新 <外部リンク>

 「山口市青少年交流訪問団(団長:松田伸宏 大殿小学校長)」7名が、8月2日(水曜)から6日(日曜日)まで4泊5日の日程で、本市の友好都市である中国・山東省済南(さいなん)市を訪問しました。

 今年度は、「ロボット・プログラミング」をテーマに青少年の相互派遣を実施しました。済南市では、青少年宮でロボット制作を学んでいる子ども達との交流活動をはじめ、山東博物館での観覧や書道の学習、名勝地「趵突泉」「大明湖」周辺での散策、孔子の故郷「曲阜」への訪問など、様々な貴重な体験を得ることができました。また、子ども達は、同年代の子どもがいる一般家庭へのホームステイを行いました。

 市では、こうした活動を通して、相互理解と友好関係をさらに深めるとともに、青少年のコミュニケーション能力を育み、国際感覚を養うことをめざしています。

 なお、済南市からは、7月12日(水曜)から16日(日曜日)まで、青少年交流訪問団10名が山口市を訪問しました。 

訪問団員

  • 児童生徒 

   田中凜(中3)※ジュニアリーダー、八鍬海(中3)※副リーダー、栗田直英(中1)、佐々木大壱(小6)

  • 随行職員 3人

   (団 長) 松田 伸宏  山口市立大殿小学校長

   (通 訳) 丸本 華代  山口市総務部政策管理室

   (担 当) 時乗 鈴代  山口市総務課国際交流室

交流のようす

 

山口の中学校のようすを映像で発表 山口の中学校のようすを映像で発表

ロボット制作で交流 ロボット制作を通じた交流

すごろく 手作りのすごろくで楽しく交流

山東博物館観覧 山東博物館にて悠久の歴史に触れる

山東博物館孔子堂 山東博物館内の「孔子堂」にて書道の学習

趵突泉集合写真 済南の名勝「趵突泉」にて

孔子廟にて 孔子のふるさと曲阜の「孔廟」にて

このページは分かりやすかったですか?

 市ウェブサイトをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆さんのご意見をお聞かせください。
 なお、このページの記載内容に関するお問い合わせは、メール、電話等にて下記の問い合わせ先にお願いします。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

本フォームからのご意見・お問い合わせには返信できませんのでご了承ください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)