ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 文化財保護課 > 洞春寺山門の修理見学会が開催されました

洞春寺山門の修理見学会が開催されました

印刷用ページを表示する掲載日:2020年12月28日更新 <外部リンク>

令和2年12月13日、国の重要文化財「洞春寺山門」の修理現場見学会が開催されました。
このたびの修理は、主に檜皮葺(ひわだぶき)屋根の葺き替えを行うもので、昭和62年の解体修理以来、約33年ぶりの葺き替えです。
見学会には合計56名の参加があり、設計監理を担当する公益財団法人文化財建造物保存技術協会から山門の特徴や修理内容について説明を受けた後、谷上社寺工業株式会社による檜皮葺の実演や、最終工程の品軒積を切る作業などを見学しました。

修理内容等の説明
文化財建造物保存技術協会による説明

材料の檜皮(ヒノキの樹皮)
材料の檜皮(ヒノキの樹皮)

品軒積を切り揃える作業の見学
品軒積を切り揃える作業の見学

作業後の品軒積
作業後の品軒積

 

このページは分かりやすかったですか?

 市ウェブサイトをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆さんのご意見をお聞かせください。
 なお、このページの記載内容に関するお問い合わせは、メール、電話等にて下記の問い合わせ先にお願いします。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

本フォームからのご意見・お問い合わせには返信できませんのでご了承ください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。