ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 文化財保護課 > 史跡周防鋳銭司跡第3次調査の実施について

史跡周防鋳銭司跡第3次調査の実施について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年8月9日更新 <外部リンク>

約半世紀振りとなる史跡周防鋳銭司跡の発掘調査を、山口大学と連携して、下記のとおり実施いたします。

今年度は、昭和40年代に行った調査の再検証を目的として、既往調査地とその隣接地5か所について調査します。

                   記

■調査面積:約530平方メートル
■調査期間:平成29年8月28日~ 平成29年11月上旬(予定)   
           8月28日~ 測量・調査区の設定
           9月  4日~ 重機による掘削
           9月  5日~ 人力による発掘調査
          11月上旬~ 重機による埋戻し
■作業時間:平日の9時~16時(天候等によりお休みすることがあります)
■作業人数:12人程度(作業員と調査員)
■調査組織:(1)調査主体 山口市教育委員会
      (2)調査担当 山口市教育委員会文化財保護課
               山口大学                                                                ■現地説明会:11月3日(金曜日)に開催する予定です。詳細につきましては後日お知らせいたします。
■そ の 他:現場作業中はいつでも見学できます(積水ハウス山口工場の道路から、車に十分気をつけてお入りください。)

■写真:昭和40年度(第1次調査)の発掘調査の様子

昭和40年度の発掘調査の様子

このページは分かりやすかったですか?

 市ウェブサイトをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆さんのご意見をお聞かせください。
 なお、このページの記載内容に関するお問い合わせは、メール、電話等にて下記の問い合わせ先にお願いします。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

本フォームからのご意見・お問い合わせには返信できませんのでご了承ください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。