ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市政トピックス > 東京ヤクルトスワローズ山野太一選手が山口総合支所を訪問されました

市政情報を掲載しています。


東京ヤクルトスワローズ山野太一選手が山口総合支所を訪問されました

印刷用ページを表示する掲載日:2021年1月13日更新 <外部リンク>

 令和2年12月23日(水)、プロ野球・東京ヤクルトスワローズからドラフト2位指名を受けて入団した山口市小郡下郷出身の山野太一投手(21)が山口総合支所を訪問され、渡辺市長にプロ入りを報告されました。

 山野投手は、渡辺市長にサインボールとサイン色紙を贈り、「山口の皆さんにヤクルトのファンになって応援してほしい。新人王を取れるような活躍をしたい」と抱負を語りました。目標の選手にヤクルトの石川雅規投手と、元投手で福岡ソフトバンクホークスの工藤公康監督を、対戦してみたい相手には読売ジャイアンツの坂本勇人選手らを挙げられました。
 渡辺市長は、徳地地域の特産品である、粘り気の強い「徳地やまのいも」を山野投手に贈り、「粘り強い選手になって欲しい」と激励しました。

 山野投手は小郡小を卒業後、高川学園中・高に進学し、その後、東北福祉大に進学されています。

山野投手から贈られたサインボールを手にする市長
山野投手から贈られたサインボールを手にする市長

渡辺市長が山野投手に徳地やまのいもを贈る様子
渡辺市長が山野投手に徳地やまのいもを贈る様子

山野投手のサイン色紙を手に記念撮影に納まる様子
山野投手のサイン色紙を手に記念撮影に納まる様子

この内容に関する問い合わせ先

スポーツ交流課Tel083-934-2873

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。