ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市政トピックス > 西京高校男子駅伝部と女子駅伝部が全国大会の出場報告に来庁されました

市政情報を掲載しています。


西京高校男子駅伝部と女子駅伝部が全国大会の出場報告に来庁されました

印刷用ページを表示する掲載日:2019年12月19日更新 <外部リンク>

令和元年12月16日(月曜日)、西京高校の男子駅伝部と女子駅伝部が市長を訪れ、全国大会の出場を報告されました。両部は11月に行われた県の予選大会で好成績を収め、男子は32回目、女子は28回目となる全国大会への切符を手にされました。

京都市で22日に開かれる全国高校駅伝に向けて、男子駅伝部主将の菖蒲敦司さん(3年生)は、「平成元年以来となる30年ぶりの入賞を目標に、ここ山口市に、しっかりと恩返しができるような走りをしたい」と抱負を述べ、女子駅伝部主将の岡村はなさん(3年生)は、「1、2年生中心の若いチームで、個人のタイムで挑戦するにはまだまだ及ばないが、全国の強豪校にチャレンジする気持ちで積極的なレースを展開したい」と意気込みを語られました。報告を受けた市長は、「西京高校は『西の京やまぐち』をその名に冠しており、その山口は、皆さんが疾走する京都と歴史的なつながりがある。どうか、山口から来たのだという誇りをもって襷をつなぎ、上位を目指して頑張ってほしい」と激励の言葉を送りました。

全国高等学校駅伝競走大会は、男女ともに12月22日(日曜日)に、西京極総合運動公園陸上競技場をスタートし、各都道府県代表の47チームが競い合います。

激励金を手渡す市長(右)と受け取る両部主将

激励金を手渡す市長(右)と受け取る両部主将

 

西京高校の皆さんとの記念撮影

西京高校の皆さんとの記念撮影

 

この記事に関する問い合わせ先

スポーツ交流課 ☎083- 934-2875

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。