ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市政トピックス > レノファ山口FCが2019J2リーグシーズン終了の報告のため来庁されました

市政情報を掲載しています。


レノファ山口FCが2019J2リーグシーズン終了の報告のため来庁されました

印刷用ページを表示する掲載日:2019年11月29日更新 <外部リンク>

令和元年11月28日(木曜日)、サッカーJ2レノファ山口の河村孝代表取締役社長と霜田正浩監督、キャプテンの三幸秀稔選手が市長を訪ね、2019J2リーグシーズン終了を報告されました。

河村社長は「1年間のご声援に感謝する。15位という結果ではあったが、来シーズンこそはJ1を目指している。引き続きみなさんの応援をよろしくお願いしたい」と述べ、今シーズンの終了を報告しました。また、霜田監督は「日々選手が成長しており、いい試合が増えてきている。折れることなく、下を向くことなく、この悔しい思いを来年につなげたい」と決意を語られ、三幸選手は「選手として万全の態勢で臨んできたが、思うように結果がついてこなかった。次は結果を求め、来シーズンにつなげていきたい」と意気込みを述べられました。

市長は「ひとつひとつのゲームが接戦でどちらが勝ってもおかしくないものばかりだった。今年はある意味、試練の年だったと思う。しばしの休息期間となるが、来シーズンもがんばってもらいたい」と激励しました。

シーズン終了を報告する、右から河村社長、霜田監督、三幸選手

シーズン終了を報告する、右から河村社長、霜田監督、三幸選手

 

来シーズンへの決意を胸に記念撮影

来シーズンへの決意を胸に記念撮影

 

この記事に関する問い合わせ先

スポーツ交流課 ☎083- 934-2912

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。