ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市政トピックス > 第49回少林寺流全国空手道選手権大会で受賞した選手らが市長に結果報告されました

市政情報を掲載しています。


第49回少林寺流全国空手道選手権大会で受賞した選手らが市長に結果報告されました

印刷用ページを表示する掲載日:2019年8月30日更新 <外部リンク>

 令和元年8月4日(日曜日)に福岡市で開催された第49回少林寺流全国空手道選手権大会の入賞者5人が、8月28日(水曜日)、指導者の山本栄一・少林寺流錬心舘県地区本部長とともに市役所を訪れ、市長に結果を報告されました。

・宮本大夢選手…一般男子型試合で準優勝
・豊田青空選手…一般女子型試合で準優勝
・山田唯華選手…小学生高学年の部で敢闘賞受賞
・鈴木優斗選手…小学生低学年の部で準優勝
・吉本蒼視選手…小学生低学年の部で敢闘賞受賞

 宮本選手は「3年連続準優勝でとても悔しいが、後輩たちの入賞は嬉しい」と述べられ、豊田選手は「昨年勝った相手に決勝戦で負けた。来年は優勝したい」と抱負を語りました。鈴木選手は「優勝することはできなかったけど、3位以内という目標が達成できて嬉しい」と喜びを語りました。
 市長は、優秀な成績を収めた選手らを称え、「空手はオリンピックの種目にもなり、最近テレビで見る機会も増えた。皆さんの今後の活躍に期待している。来年は優勝できるよう頑張って」とエールを送りました。

 同大会には県内選手29人が出場。5人の入賞は過去最高でした。

賞状を手に記念撮影に納まる入賞者

賞状を手に記念撮影に納まる入賞者

歓談する入賞者らと市長

歓談する入賞者らと市長

第49回少林寺流全国空手道選手権大会に関するお問い合わせ先

 スポーツ交流課 Tel083-934-2875

 

このページは分かりやすかったですか?

 市ウェブサイトをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆さんのご意見をお聞かせください。
 なお、このページの記載内容に関するお問い合わせは、メール、電話等にて下記の問い合わせ先にお願いします。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

本フォームからのご意見・お問い合わせには返信できませんのでご了承ください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。