ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市政トピックス > 災害時等における相互応援に関する協定を結びました

市政情報を掲載しています。


災害時等における相互応援に関する協定を結びました

印刷用ページを表示する掲載日:2019年7月16日更新 <外部リンク>

令和元年7月8日(月曜日)、「災害時等における相互応援に関する協定書」の調印式を山口総合支所で行いました。


これは、災害時等における高齢者など要配慮者の方への支援体制を充実させるため、山口市内に所在する介護サービス提供事業者の団体である「山口市介護サービス提供事業者連絡協議会」と協定を締結するものです。


市長は、「今回の協定は災害に強いまちづくりを進めるにあたり、大変意義深く、心強い限り。これを契機に、様々な災害に対応できる防災対策の取り組みをさらに加速させたい」と感謝の意を述べました。


そして、山口市介護サービス提供事業者連絡協議会の内田芳明会長は、「山口市とともに助け合いながら、被害者のでない山口市を目指したい」と述べられました。
市では今後も、安全・安心に暮らせるまちづくりを進めてまいります。
 

協定書を持って記念撮影をする内田会長(左)と市長

協定書を持って記念撮影をする内田会長(左)と市長

この記事に関するお問い合わせ先

防災危機管理課 ☎083-934-2723

 

このページは分かりやすかったですか?

 市ウェブサイトをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆さんのご意見をお聞かせください。
 なお、このページの記載内容に関するお問い合わせは、メール、電話等にて下記の問い合わせ先にお願いします。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

本フォームからのご意見・お問い合わせには返信できませんのでご了承ください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。