ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市政トピックス > 水泳スペイン代表チームの歓迎セレモニーを行いました

市政情報を掲載しています。


水泳スペイン代表チームの歓迎セレモニーを行いました

印刷用ページを表示する掲載日:2019年7月4日更新 <外部リンク>

韓国・光州で開かれる世界水泳選手権大会(7月12日~28日)に向け、アーティスティックスイミングスペイン代表チーム(選手14人、スタッフ9人)が、令和元年6月28日(金曜日)、阿知須のきらら博記念公園水泳プールでトレーニングを開始しました。同日、スペイン代表チームの歓迎セレモニーが行われ、あじす保育園の年長児22人がダンス(「よさこい」と「パプリカ」)を披露し、紙で作った金メダルを選手一人一人の首にかけて、活躍を期待しました。また、市民がスペインの国旗に寄せ書きした応援フラッグの贈呈もありました。

有田交流創造部長は「昨年に続き、皆さんを迎えることができ大変嬉しく思う。東京2020オリンピック・パラリンピックまで約1年となり、大会に向け集中力を高めていかれると思うが、本市で更に充実したトレーニングに励み、韓国で開催される世界選手権で力を発揮してもらいたい」と激励しました。
オナ・カルボネル・バジェステーロ選手は、「疲れが残っていたが、子どもたちの歓迎に元気をもらい、頑張ろうと思えた。感謝したい。また、トレーニングとともに山口の皆さんとの交流も大事にしたい」と述べられました。

本市は、東京2020オリンピック・パラリンピックにおいて、スペインのホストタウンとなっており、キャンプは7月16日まで行われる予定です。

選手とあじす保育園、阿知須地域の皆さんたちとの記念撮影の様子

選手とあじす保育園、阿知須地域の皆さんたちとの記念撮影の様子

あじす保育園の園児が、きらら博記念公園水泳プールに到着した選手たちをハイタッチで迎える様子

あじす保育園の園児が、きらら博記念公園水泳プールに到着した選手たちをハイタッチで迎える様子

あじす保育園の園児が、ダンスを披露する様子

あじす保育園の園児が、ダンスを披露する様子

水泳スペイン代表チーム歓迎セレモニーに関するお問い合わせ先

国際交流課 ☎083-934-2725

このページは分かりやすかったですか?

 市ウェブサイトをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆さんのご意見をお聞かせください。
 なお、このページの記載内容に関するお問い合わせは、メール、電話等にて下記の問い合わせ先にお願いします。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

本フォームからのご意見・お問い合わせには返信できませんのでご了承ください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。