ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市政トピックス > 3.11 震災対応総合訓練を行いました

市政情報を掲載しています。


3.11 震災対応総合訓練を行いました

印刷用ページを表示する掲載日:2019年3月20日更新 <外部リンク>

平成23年3月11日の東日本大震災の記憶を風化させることなく、震災で得た教訓を市民の皆さんの安全・安心につなげていくため、3月16日(土曜日)、「3.11震災対応総合訓練」を実施しました。

訓練は、大規模な地震により発生した土砂災害等を想定し、小郡新町の山口市消防団小郡訓練場で災害現場を再現して実施しました。学生消防団と白石小学校5年生の児童によるセルフレスキューや、消防隊員の捜索救助のほか、倒壊家屋に閉じ込められた人の救出や、土砂に埋もれた車を重機を使い引き出し、閉じ込められた人(人形)を救出する救助技術の確認も行いました。訓練終了後市長は「訓練で得た成果や課題を検証し、安全で安心なまちにつなげていきたい」と講評しました。

本市では今後も、大規模災害の発生に備え、「自助」「共助」と連携して災害対応能力の向上を目指してまいります。

訓練会場の様子
土砂災害現場が再現された山口市消防団小郡訓練場

土砂に埋もれた車を引き出している様子
重機が土砂の中から車を引き出している様子

訓練を見守る市長
消防長(手前左)から訓練の状況を聞く市長(手前右)

3.11震災対応総合訓練に関するお問い合わせ先

消防本部救急救助課Tel083-932-2604

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。