ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市政トピックス > 宮野駅開業100周年記念イベントを開催しました

市政情報を掲載しています。


宮野駅開業100周年記念イベントを開催しました

印刷用ページを表示する掲載日:2017年7月5日更新 <外部リンク>

平成29年7月1日、宮野駅が開業100周年を迎えたことに伴い、JR宮野駅で記念イベントが行われました。JR山口線は、大正2年(1913年)に小郡駅(現新山口駅)から山口駅間が開通し、大正6年(1917年)7月1日に、山口駅から篠目駅まで延伸開業しました。
記念式典で、市長は、「JR宮野駅は、宮野地域の玄関口としての機能だけでなく、誰もが利用できる地域交流ステーションとして、宮野地域の交流拠点になっている。今年9月からは幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーンも行われる。皆さんにも宮野駅100周年という記念すべきキャンペーンを盛り上げていただきたい」と述べました。
会場には、宮野地域の方々を始め、およそ300人の方々が訪れ、SLカーと一緒に写真を撮ったり、県立大学生による着物喫茶や、もちまきを楽しんだりしていました。また、11時7分発の列車に合わせ、4人の子どもが駅長として、出発の合図を送りました。
100周年実行委員会の森近愼治さんは、「100年という歴史を地域の方々に感じてもらうと同時に、愛される存在になってほしい」と話されました。
宮野駅では、7月9日まで、宮野駅に関する写真や資料の展示のほか、宮野幼稚園の園児が作った七夕飾りなどを展示しています。

こども駅長が列車の進入を心待ちにしている写真
こども駅長が列車の進入を心待ちにしている様子

記念式典でお祝いの言葉を述べる市長の写真
記念式典でお祝いの言葉を述べる市長

七夕飾りなどで色鮮やかなJR宮野駅の様子
七夕飾りなどで色鮮やかなJR宮野駅

この記事に関する問い合わせ先

宮野地域交流センター Tel083-928-0250

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。