ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市政トピックス > 駐日スペイン特命全権大使が本市を視察されました

市政情報を掲載しています。


駐日スペイン特命全権大使が本市を視察されました

印刷用ページを表示する掲載日:2016年9月1日更新 <外部リンク>

平成28年6月、本市及び本県がオリンピック・パラリンピック東京大会におけるスペインのホストタウンとして登録されたことを受け、7月20日、駐日スペイン特命全権大使(ゴンサロ・デ・ベニート氏)らが本市を視察されました。  

本市では、スペインのホストタウン登録と平行して、東京オリンピック事前合宿誘致に向け取り組みを進めており、大使らは、オリンピックの事前合宿に使用するスポーツ施設等を視察するため来山されました。午前中は山口きらら博記念公園水泳プールを視察され、大使は「25mと50mのプールが整っていて素晴らしい。オリンピック選手が利用できる良い施設だ」と感想を述べられていました。その他、宇部72カントリークラブや、維新百年記念公園陸上競技場を視察等された後、市長を表敬訪問し、本市の感想などについて話されました。
大使から「素晴らしい施設ばかり。特に補助施設が整っているのでオリンピック選手にとって良い施設だ。帰ってスペインのオリンピック組織委員会に伝えたい」と話すと、市長は「フランシスコサビエルが本市に来て以来、500年近くが経ち、本市はどこよりもスペインのファンだ。オリンピック選手が来られた際にはおもてなしをしたい」と応えました。
市では今後も、特に水泳やゴルフ施設が整っていることをアピールし、オリンピックのみならず、ホストタウンとしてスポーツを通じたスペインとの息の長い交流がはかれるよう、東京オリンピックの事前合宿誘致等に取り組んでいきます。

水泳プールを視察するゴンサロ・デ・ベニート大使(左)
水泳プールを視察するゴンサロ・デ・ベニート
大使(左)

市長を表敬訪問された大使(左)
市長を表敬訪問された大使(左)

来山された記念として大使に大内塗りを手渡す市長(右)
来山された記念として大使に大内塗りを手渡
す市長(右)
 

ご案内

問い合わせ先スポーツ交流課
電話番号 083-934-2912

このページは分かりやすかったですか?

 市ウェブサイトをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆さんのご意見をお聞かせください。
 なお、このページの記載内容に関するお問い合わせは、メール、電話等にて下記の問い合わせ先にお願いします。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

本フォームからのご意見・お問い合わせには返信できませんのでご了承ください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。