ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市政トピックス > 定住コンシェルジュ委嘱状交付式を行いました

市政情報を掲載しています。


定住コンシェルジュ委嘱状交付式を行いました

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月19日更新 <外部リンク>

平成29年4月5日に、山口総合支所で山口市定住コンシェルジュ委嘱状交付式を行いました。

山口市定住コンシェルジュの業務は、本市へ移住後の相談や、山口市定住サポーターの支援・育成、地域の情報発信等で、定住コンシェルジュの活動により過疎地域を中心とした定住の促進、定住希望者に対しての地域の受け入れ体制の強化が図られます。

市長は「本市への移住・定住にかかる相談業務をはじめ、定住サポーターの支援や育成など、移住者の皆さんが安心して地域で生活ができるように必要なサポートをお願いしたい」と述べました。
これを受け、阿東地域担当の田村哲信さんは「地域住民と行政が一緒になって、空き家バンク事業をすすめ、移住者の生活拠点、定住へとつながるようにしたい」、徳地地域担当の斉藤明信さんは「過疎化が加速しており、なんとかしないといけないという思いが強い。定住サポーターらと一緒になってがんばっていきたい」とそれぞれ意気込みを語られました。

本市は平成20年度から空き家バンク制度を運用しており、徳地・阿東地域はこれまでに85世帯194人の方が移住されています。また、昨年度から新たに仁保、名田島地域において、地域が主体的に運営に関わる地域型空き家バンク制度の運用を開始し、今後は人口減少の進むその他の地域でも展開していく予定です。

記念撮影

左から斉藤さん、市長、田村さん

関連リンク

すむ住む山口<外部リンク>

この内容に関する問い合わせ先

定住促進課 Tel083-934-4646

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。