ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市政トピックス > 定住サポーターを育成し指導する定住コンシェルジュを委嘱しました

市政情報を掲載しています。


定住サポーターを育成し指導する定住コンシェルジュを委嘱しました

印刷用ページを表示する掲載日:2016年9月1日更新 <外部リンク>

移住者の定着支援に取り組む「定住コンシェルジュ」の委嘱状交付式を平成27年3月30日に山口総合支所で行い、徳地地域には斉藤明信さん、阿東地域には田村哲信さんを任命しました。

定住コンシェルジュは、移住者の皆さんが安心して地域で生活し、定住に繋がるよう必要なサポートを行います。また、空き家の調査や移住希望者の現地案内等の支援を行う定住サポーターのお手本となる方です。お二人は、これまで定住サポーターとして活動されていました。その経験を生かして、地域の受け入れ体制の強化と受け入れノウハウの継承に繋がるよう、活躍を期待しています。
空き家バンク制度は、過疎地域の徳地・阿東地域で平成20年から始めており、地域で活躍いただいている定住サポーターは現在27人で、これまで52世帯119人が移住しています。
式で市長は「移住者をきめ細かくサポートして欲しい」と激励。斉藤さんは「地域に溶け込んでもらえるよう活動する」と語られ、田村さんは「若い人にどんどん移住してもらいたい」と抱負を語られました。
市では今後も、空き家を優れた地域資源として活用し、過疎地域を中心とした移住・定住の促進および地域の活性化を図っていきます。

市長から委嘱状を受け取る斉藤さん(中央)と田村さん(右)
市長から委嘱状を受け取る斉藤さん(中央)と
田村さん(右)

この内容に関する問い合わせ先

定住促進課 Tel083-934-4646

 

このページは分かりやすかったですか?

 市ウェブサイトをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆さんのご意見をお聞かせください。
 なお、このページの記載内容に関するお問い合わせは、メール、電話等にて下記の問い合わせ先にお願いします。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

本フォームからのご意見・お問い合わせには返信できませんのでご了承ください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。