ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市の概要 > 国際交流 > 市政トピックス > スペイン駐日大使が市長を表敬訪問されました

市政情報を掲載しています。


スペイン駐日大使が市長を表敬訪問されました

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月23日更新 <外部リンク>

平成29年2月16日、スペインのゴンサロ・デ・ベニート駐日大使が、「スペイン・ビジネス・セミナー」開催のため山口を訪れ、市長を表敬訪問されました。

デ・ベニート大使は「山口市がホストタウンに指定されうれしく思う。昨年はきらら博記念公園の水泳施設などを視察して、とても良い印象だった。山口とはザビエルの時代から付き合いが始まったといわれている。今後も協力関係を強化していきたい」と話されました。市長は「またお会いできてうれしい。今後は、スポーツはもちろん経済、歴史、文化・芸術などの分野でも交流を深めていきたい」と述べました。
また市長は、2018年の外務省主催「日本・スペイン・シンポジウム」が本市とその周辺地域で開催されること、2020年東京オリンピック・パラリンピックのスペイン選手団のキャンプ地として本市が活用されることについて、デ・ベニート大使に協力要請をしました。

笑顔で握手を交わす市長とデ・ベニート駐日大使
笑顔で握手を交わす市長(左)とデ・ベニート駐日大使(右)

この内容に関する問い合わせ先

創生推進課 Tel083-934-2728

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。