ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市政トピックス > 災害等発生時における防疫活動の協力に関する協定調印式を行いました

市政情報を掲載しています。


災害等発生時における防疫活動の協力に関する協定調印式を行いました

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月13日更新 <外部リンク>

平成29年2月8日、災害時に感染症の発生および拡大を防ぐため、山口県ペストコントロール協会と協定を結びました。

協定の相手方の山口県ペストコントロール協会は、有害生物防除・防疫活動の専門的技術者で組織された団体で、これまでもさまざまな災害等において、消毒活動や衛生害虫等の駆除などで実績のある団体です。これまでは、市内で災害が起き防疫活動が必要になった際、市が各社に要請していましたが、この協定により、より迅速で的確な防疫が可能となります。

協定締結後、市長は「県外では大規模災害が相次いでおり、日頃からの備えが必要だと再認識した。この協定で災害時に即応できる防疫体制の構築が可能になる」と期待を寄せました。また、同協会中村智会長は「複雑化した社会で予期せぬ事態が発生する可能性もある。今後も社会に貢献できるよう協会として努力したい」と述べられました。

本協定は、災害時の防疫活動協力協定としては県内初となります。

協定書に調印した市長(左)と中村会長(右)
協定書に調印した市長(左)と中村会長(右)

この内容に関する問い合わせ先

環境衛生課 Tel083-941-2176

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。