ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市政トピックス > 山口市留学生インバウンド観光大使の委嘱状交付式を開催しました

市政情報を掲載しています。


山口市留学生インバウンド観光大使の委嘱状交付式を開催しました

印刷用ページを表示する掲載日:2023年1月18日更新 <外部リンク>

 令和5年1月12日(木曜日)、「山口市留学生インバウンド観光大使事業」における「山口市観光大使」委嘱状交付式を山口市役所で行いました。

 この事業は、本市の観光資源等を体感した留学生に、帰国後、山口の魅力を発信してもらうことを目的として平成22年度から実施しています。今年度委嘱したのは、山口大学と山口県立大学の留学生29人(中国8人、インドネシア6人、バングラデシュ5人、ネパール5人、ラオス3人、アメリカ合衆国2人)、任期は3年間です。

 留学生の皆さんは、昨年11月と12月に本市ならではの魅力を体感するため、国宝瑠璃光寺五重塔や嘉村磯多生家「帰郷庵」の見学、着物の着付けや大内塗体験などの研修を受けられました。在学中と帰国後に、観光情報の発信を通じて、本市の魅力を国内外に広める活動をしていただきます。

 委嘱式で市長は「皆さんには、この度の研修で体感された本市の美しい自然やおいしい食べ物、そして文化体験などを母国の御家族や御友人などに広く伝えていただき、『海外旅行に行くなら日本、日本に行くなら山口』と、山口の魅力をしっかりとPRしていただきたい」と述べました。

 留学生を代表して山口大学の孫 子涵(ソン シカン)さんは、「研修で体験した日本文化の豊かさを多くの人にここ山口市で体験してもらえるよう、山口市の魅力を自分の力を尽くして発信していきたい」と決意を述べられました。​

市長から委嘱状と名刺を受け取る留学生の代表者(写真は名刺を拡大したもの)  ​

市長から委嘱状と名刺を受け取る観光大使の代表者(写真は名刺を拡大したもの)

委嘱を受けた観光大使の皆さんと市長

委嘱を受けた観光大使の皆さんと市長

この内容に関する問い合わせ先

観光交流課 Tel 083-934-2810

このページは分かりやすかったですか?

 市ウェブサイトをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆さんのご意見をお聞かせください。
 なお、このページの記載内容に関するお問い合わせは、メール、電話等にて下記の問い合わせ先にお願いします。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

本フォームからのご意見・お問い合わせには返信できませんのでご了承ください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。