ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市政トピックス > 秋穂二島地域で活動する地域おこし協力隊の着任式を行いました

市政情報を掲載しています。


秋穂二島地域で活動する地域おこし協力隊の着任式を行いました

印刷用ページを表示する掲載日:2023年1月11日更新 <外部リンク>

 令和5年1月10日(火曜日)、秋穂二島地域で活動する地域おこし協力隊の着任式を市役所で行いました。

 このたび着任した渋谷桃子さんは、宇部市出身で、これまで東京都で造園業や生花の卸売業などに携わってこられました。渋谷さんは、こうした経験を生かし、秋穂二島地域で「真の山口産畜産物のブランド化のための飼料用トウモロコシの普及拡大」をテーマに活動します。

 着任式で市長は「これまでの社会人経験で培ってこられたスキルと技術を最大限発揮していただき、飼料用トウモロコシの普及拡大に大いにチャレンジしていただきたい。本市としても、生活面から先輩隊員とのネットワーク作りまでしっかりサポートしてまいりたい」と激励しました。渋谷さんは「前職での経験や大学在学時に作物学を専攻していた経験も生かして、これから活動をしていきたい。まずは地元の生産者の方々のお話を聞きながら、飼料用トウモロコシの生産について勉強して、普及拡大に貢献できれば」と意気込みを述べられました。

 このたび着任した渋谷隊員を含め、本市では現在15人が活動しています。今後も、総務省が支援する「地域おこし協力隊」の制度を活用し、地域ブランドや地場産業の開発・販売・発信等を推進するとともに、任期後の定住・定着を図ってまいります。

記念撮影の様子(左から山口市子実コーン地域内循環型生産・出荷協議会工藤会長、渋谷隊員、市長、増田農林水産部長)

記念撮影の様子(左から山口市子実コーン地域内循環型生産・出荷協議会工藤会長、渋谷隊員、市長、増田農林水産部長)

この内容に関する問い合わせ先

農業政策課Tel083-934-2816

このページは分かりやすかったですか?

 市ウェブサイトをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆さんのご意見をお聞かせください。
 なお、このページの記載内容に関するお問い合わせは、メール、電話等にて下記の問い合わせ先にお願いします。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

本フォームからのご意見・お問い合わせには返信できませんのでご了承ください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。