ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市政トピックス > ウェルビーイングにつながる産業創出をテーマとした事業連携に関する協定を締結しました

市政情報を掲載しています。


ウェルビーイングにつながる産業創出をテーマとした事業連携に関する協定を締結しました

印刷用ページを表示する掲載日:2022年11月24日更新 <外部リンク>

 令和4年11月18日(金曜日)、国立研究開発法人物質・材料研究機構(以下「NIMS」という。)、森ビル都市企画株式会社(山口市産業交流拠点施設指定管理者)と本市による、「ウェルビーイングにつながる産業創出をテーマとした事業連携に関する協定」の締結式を市役所で行いました。

 ウェルビーイングとは、世界保健機構(WHO)によれば、肉体的、精神的、社会的すべてにおいて満たされた状態であることと定義され、満足した生活を送ることができている状態など、多面的な「幸せ」を表す言葉です。本協定は、NIMSの保有する材料技術等を活用し、ウェルビーイングの実現に向けたヘルスケア産業等の創出および支援、本市のまちづくりに資する事業を連携して展開することを目的としたものです。

 締結式で市長は「この度の協定締結を契機とした取り組みなどを連携して展開することにより、市民の健康意識の向上やヘルスケア産業の創出につなげていきたいと考えている。また、このたびの取り組みにおいて蓄積される知見やノウハウにより、山口から新たな産業の創出やイノベーションが生み出されるよう、全力でこの取り組みを進めてまいりたい」と述べました。

 また、本協定締結のきっかけとなり、山口市産業交流拠点施設のメディフィットラボにおいて実施されている、NIMSで開発された、汗の量を計測できる「モイスチャーセンサ」を用いた脱水症・熱中症予防につながる産業創出をテーマにした実証実験について説明が行われました。

​​

 

協定書に署名する様子

​協定書に署名する様子​

記念撮影の様子

記念撮影の様子(左から、森ビル都市企画株式会社の山門代表取締役社長、NIMSの宝野理事長、市長)

「モイスチャーセンサ」を用いた実証実験について説明を行う様子

​​「モイスチャーセンサ」を用いた実証実験について説明を行うNIMSの担当者

 

 

この内容に関する問い合わせ先

ふるさと産業振興課 Tel 083-934-2928

このページは分かりやすかったですか?

 市ウェブサイトをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆さんのご意見をお聞かせください。
 なお、このページの記載内容に関するお問い合わせは、メール、電話等にて下記の問い合わせ先にお願いします。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

本フォームからのご意見・お問い合わせには返信できませんのでご了承ください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。