ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市政トピックス > クリエイティブ・スペース赤れんが開館30周年記念式典を開催しました

市政情報を掲載しています。


クリエイティブ・スペース赤れんが開館30周年記念式典を開催しました

印刷用ページを表示する掲載日:2022年8月12日更新 <外部リンク>

 芸術・文化の創造、鑑賞、交流の場として、平成4年に開館したクリエイティブ・スペース赤れんがは、令和4年5月に開館30周年を迎えました。これを記念し、令和4年8月9日(火曜日)、クリエイティブ・スペース赤れんが開館30周年記念式典を行いました。

 赤れんがの建物は、旧県立図書館の増設書庫として、大正7年に建設されたものです。その後、県教育会館の一部として活用されていましたが、教育会館の移転に伴い、取り壊されることとなりました。しかし、「赤れんがの会」を中心とした熱心な保存再生運動が実を結び、国のふるさと創生事業を活用して市によって改修することが決まりました。こうしてよみがえった赤れんがは、開館以来、気軽に利用できる芸術文化活動の拠点として、市民の皆さんに長年親しまれてきました。

 式典で、市長は「30周年を迎えられたのは、本日お集まりいただいた方々の多大なるご尽力と、多くの市民の皆様のご支援、ご協力の賜物。深く感謝を申し上げたい。今後も一層、多くの市民の皆様に活用され、今まで以上に愛され続ける施設となるよう、努めてまいりたい」とあいさつしました。
 また、30周年記念事業の「赤れんがのあゆみ展」のオープンに際し、クリエイティブ・スペース赤れんがの山本有希館長は「これまで施設が歩んできた歴史を、30周年を機に改めて知ってもらうとともに、これからも多くの人に愛される施設であることを願っている」とあいさつしました。

 式典後、2階ホールで、桑原奈緒子さんの演奏によるチェンバロのミニコンサートが行われ、会場を訪れた方々は、その美しい音色に耳を傾けていました。

 クリエイティブ・スペース赤れんがでは、今後、開館30周年を記念したさまざまなイベントを開催する予定です。詳しくは、クリエイティブ・スペース赤れんがウェブサイトをご覧ください。
クリエイティブ・スペース赤れんがウェブサイト:http://www.akarenga.justhpbs.jp/<外部リンク>

【イベント情報】
TANAKA YONEKICHI Exhibition
「田中米吉という宇宙」
令和3年1月、95歳で亡くなられた本市出身の現代彫刻家田中米吉氏の最後の作品と、製作途中だった未発表の作品などを展示します。
日時: 8月18日(木曜日)~28日(日曜日) 9時~17時
※22日(月曜日)休館
料金:無料​

式典であいさつする伊藤市長
式典であいさつする市長

あいさつする山本館長
あいさつする山本館長

チェンバロミニコンサートの様子
チェンバロミニコンサートの様子

赤れんがのあゆみ展の様子
赤れんがのあゆみ展の様子

この内容に関する問い合わせ先

文化交流課 Tel 083-934-2717

このページは分かりやすかったですか?

 市ウェブサイトをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆さんのご意見をお聞かせください。
 なお、このページの記載内容に関するお問い合わせは、メール、電話等にて下記の問い合わせ先にお願いします。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

本フォームからのご意見・お問い合わせには返信できませんのでご了承ください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。