ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市政トピックス > 山口県鴻城高等学校空手道部の皆さんが全国大会の優勝報告をされました

市政情報を掲載しています。


山口県鴻城高等学校空手道部の皆さんが全国大会の優勝報告をされました

印刷用ページを表示する掲載日:2022年8月10日更新 <外部リンク>

 令和4年8月2日(火曜日)、内閣総理大臣杯第64回全国空手道選手権大会(高校生団体戦組手)で優勝した山口県鴻城高等学校空手道部の皆さんが市役所を訪れ、市長へ優勝報告をしました。

 大会は令和4年7月に東京都で開催され、高校生団体戦組手は18団体のトーナメント戦で行われました。山口県鴻城高等学校空手道部は、決勝戦で静岡県の浜松開誠館高等学校を相手に、先鋒戦・次鋒戦で引き分け、大将戦で試合時間終了間際に見事勝利し、12年ぶり2回目の優勝を果たしました。

 中村友飛主将は「新型コロナウイルス感染症で試合が限られている中、出場する試合には優勝しようという気持ちを部員全員が持っていたので、結果につながってうれしい。これから始まるインターハイでも結果を残せるように頑張りたい」と述べられました。チームを優勝に導いた藤井栄治監督は「空手道という競技の技術だけではなく、対面する相手が何をするかを読む力も必要であるため、気配りや目配りなども日ごろから鍛えている。今回、選手たちの頑張りでこのような報告ができることをうれしく思う」と述べられました。

 市長は「学業と部活動を両立し、まさに文武両道を実現している。インターハイでも優勝を目指して頑張ってほしい」と述べ、今後のさらなる活躍を期待しました。

部員を紹介する様子

藤井栄治監督(右端)が部員を紹介する様子。
右から、中村友飛主将(3年生)、森本悠天さん(3年生)、重兼拓実さん(3年生)。

出席者が歓談する様子

出席者が歓談する様子

記念撮影の様子

記念撮影の様子(左から、金石芳朗校長、藤井栄治監督、中村友飛主将、森本悠天さん、重兼拓実さん、市長)

この内容に関する問い合わせ先

スポーツ交流課 Tel 083-934-2912

 

このページは分かりやすかったですか?

 市ウェブサイトをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆さんのご意見をお聞かせください。
 なお、このページの記載内容に関するお問い合わせは、メール、電話等にて下記の問い合わせ先にお願いします。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

本フォームからのご意見・お問い合わせには返信できませんのでご了承ください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。