ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市政トピックス > 山口線新山口駅~津和野駅間開通100周年記念イベントが開催されました

市政情報を掲載しています。


山口線新山口駅~津和野駅間開通100周年記念イベントが開催されました

印刷用ページを表示する掲載日:2022年8月10日更新 <外部リンク>

 令和4年8月6日(土曜日)、JR山口線の新山口駅~津和野駅間が開通100周年を迎えたことに伴い、新山口駅で記念イベントが開催されました。JR山口線は、大正2年(1913年)に小郡駅(現新山口駅)から山口駅間が開業し、大正11年(1922年)8月5日に、徳佐駅から津和野駅まで延伸開業したことにより、小郡駅(現新山口駅)から津和野駅間が開通しました。

 出発式に出席した市長は「100周年を迎えることができたのは、山口線が多くの皆様に支えられ、大切にされ、愛されている証であり、大変喜ばしい。市としても、移動や生活に欠かせない大切な路線を、引き続き全力で支えたい」とあいさつしました。

 会場には、地域の方々をはじめ、鉄道ファンの方々が訪れ、開通100周年を記念した期間限定のオリジナルヘッドマークを取り付けたディーゼル機関車(DLやまぐち号)と一緒に写真を撮ったり、ふしの岩戸太鼓の演奏を楽しんだりしていました。また、山口市観光アンバサダーによる100周年記念のパノラマ広告の配布や志士や昭和レトロ衣装でのおもてなし、記念手旗によるお見送りなどが行われました。​10時50分、市長と川崎智史管理駅長の出発の合図で、DLやまぐち号は津和野駅に向けて出発しました。

 現在、開通100周年特別企画として、山口線沿線マンホール&マンホールカード周遊スタンプラリーを実施しています。期間は令和4年12月31日(土曜日)までで、期間中にスタンプを集めると「SLやまぐち号」オリジナルグッズがもらえます。ぜひ、この機会に山口線に乗ってお出かけください。
スタンプラリーについてのお問合せ先:新山口駅観光交流センター tel 083-902-0037
 

出発式であいさつする伊藤市長
出発式であいさつする市長

ふしの岩戸太鼓の演奏の様子
ふしの岩戸太鼓の演奏の様子

記念撮影の様子
​記念撮影の様子

川崎智史新山口管理駅長と市長による出発合図の様子
​川崎智史新山口管理駅長と市長による出発合図の様子

お見送りの様子
お見送りの様子

この内容に関する問い合わせ先

観光交流課 Tel 083-934-2810

このページは分かりやすかったですか?

 市ウェブサイトをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆さんのご意見をお聞かせください。
 なお、このページの記載内容に関するお問い合わせは、メール、電話等にて下記の問い合わせ先にお願いします。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

本フォームからのご意見・お問い合わせには返信できませんのでご了承ください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。