ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市政トピックス > 石川佳純選手への山口市民栄誉賞贈呈式と山口市ふるさと大使委嘱状交付式を行いました

市政情報を掲載しています。


石川佳純選手への山口市民栄誉賞贈呈式と山口市ふるさと大使委嘱状交付式を行いました

印刷用ページを表示する掲載日:2021年9月24日更新 <外部リンク>

令和3年9月21日(火曜日)、東京2020オリンピック競技大会卓球女子団体において銀メダルを獲得された石川佳純選手に対し、山口市民栄誉賞を贈呈するとともに、山口市ふるさと大使の委嘱状の交付を行いました。

平川地域出身の石川選手は、ご両親が共に元卓球選手という環境のもと、小学校1年生から競技を始められ、山口市立平川小学校を卒業後は大阪府の中学校・高校で研鑽を積まれ、現在は全国農業協同組合連合会に所属しておられます。2012年ロンドンオリンピック卓球女子団体銀メダル、2016年リオデジャネイロオリンピック卓球女子団体での銅メダルに続き、このたびの大会においても輝かしい成績をおさめられました。こうした活躍は市民に大きな感動と勇気、そして社会に明るい希望と活力を与えたことから、その栄誉を称え、山口市民栄誉賞を贈呈いたしました。また、こうした顕著な活躍をされる石川選手に本市の魅力を発信していただくため、山口市ふるさと大使の委嘱状の交付も併せて行いました。
石川選手は「中学から大阪に行った際はあたたかく送り出し、帰ってきたときはあたたかく迎えてくれる山口市で、市民栄誉賞をいただいたことを光栄に思う。これからさらに成長できるように頑張りたい。山口市ふるさと大使にも再任いただいたので、大好きな山口の魅力を発信していきたい」と述べられました。市長は「日本選手団の副主将という重責を果たされた石川選手は、山口県や山口市の枠を超え、日本の誇りといっても過言ではない。コロナのため皆でそろっての応援というのは難しかったが、市民の皆さんもテレビを通じて声援を送り、その活躍を喜んだ。ふるさと大使として本市の魅力もたくさん発信していただいており、感謝の念に堪えない」と謝意を述べました。

式後、石川選手は次の目標として定める年末の世界選手権に向け、最高のプレーができるようしっかりと準備をしていきたいと語られました。市では、石川選手のさらなる活躍を応援してまいります。

出席者の記念撮影
出席者の記念撮影

 

この内容に関するお問い合わせ先

市民栄誉賞に関すること:総務課 ☎083-934-2908

ふるさと大使に関すること:企画経営課 ☎083-934-2746

このページは分かりやすかったですか?

 市ウェブサイトをより使いやすくわかりやすいものにするために、皆さんのご意見をお聞かせください。
 なお、このページの記載内容に関するお問い合わせは、メール、電話等にて下記の問い合わせ先にお願いします。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

本フォームからのご意見・お問い合わせには返信できませんのでご了承ください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。