ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

運動 おすすめの運動は?

クローバー

【運動】

 適度な運動をすることで、満足感や開放感、リフレッシュ効果が得られ、ストレス解消に役立ちます。

 また、習慣的に運動を続けると、寝つきがよくなり、深い睡眠が得られるようになります。

 手軽にできて自分が好きな運動を 楽しい環境で行いましょう。

○ウォーキングのすすめ

  ウォーキングは心身の健康づくりに効果があり、年齢を問わず手軽に行うことができます。

  ウォーキングを楽しむために、次の点にご注意ください。

・ストレッチング

  ストレッチングは筋肉の緊張をゆるめ、血行を促し、心身のリラックスに効果的です。

  運動の前後に行うと、運動によるけがや痛みの予防、疲労回復促進に役立ちます。 

  ポイント

    ・反動をつけない

    ・伸ばした状態を20秒以上保つ

    ・呼吸は普通に

    ・伸ばしている部位に意識を集中

 

 □正しい水分補給で安全に

   ・いつ飲むといいの?

   歩く前に、コップ1杯程度の水分をとりましょう。

 ウォーキング中は、こまめに水分補給を心がけましょう。

 「のどが渇いた」と感じる前に飲むことがポイントです。

  10分から15分おきに100リリットル程度の水分補給を目安にしましょう。

   ・どんな飲み物がいいの?

     1時間程度のウォーキングであれば、水やお茶で十分です。

 長時間のウォーキングであれば、水分だけでなく汗とともに失われた塩分、ミネラルなどを

 すばやく補給するための、スポーツドリンクがお勧めです。

                                         illust4294b<外部リンク>

 

 □夏のウォーキング

    熱中症予防のため、次の点に気をつけましょう。

      服装のポイント

       ○ゆったりした風通しのよい服

       ○襟元が開いた服

       ○白色調の服

       ○吸汗性、速乾性にすぐれた素材

       ○帽子、日傘、サングラスで日差しを遮る

       歩き方のポイント

       ○朝・夕の比較的涼しい時間帯に歩く

       ○スピードを控える

       ○直射日光を避け、木陰など比較的涼しい場所を選んで歩く

                           illust4280+4282c<外部リンク>

 □冬のウォーキング

        服装のポイント

       ○寒さ対策として帽子(耳が隠れるもの)、マフラー、手袋を着用する

       ○ウォーキングで体が温まったら脱げるよう、着脱しやすい服装

       ○のどの乾燥を防ぐためマスクを利用

       ○汗をかいたらすぐに着替えて風邪をひかないようにする

      歩き方のポイント

       ○準備体操をして体が温まってから歩く

       ○ウォーキング後は整理体操をして筋肉をほぐす

 

   山口市公共施設予約サービス 

          http://www.pf489.com/yamaguchi/Web/<外部リンク>  

 

 

   

ストレッチ画像

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。