ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者会見 > 令和2年7月定例記者会見を開催しました

令和2年7月定例記者会見を開催しました

印刷用ページを表示する掲載日:2020年7月22日更新 <外部リンク>

令和2年7月定例記者会見を開催しました

7月定例記者会見会場17月定例記者会見会場2

 

日時

令和2年7月22日(水曜日)11時から12時

会場

山口総合支所 第10、11会議室

発表内容

こども医療費助成制度の対象拡大について

本年10月1日から「こども医療費助成制度」の対象を拡大し、親の所得に関係なくすべての中学生の入院費の自己負担分を助成いたします。

御案内のとおり、本市の乳幼児を対象とした「乳幼児医療費助成制度」及び小中学生を対象とした「こども医療費助成制度」は、子どもが安心して医療を受けることができる子育て支援や少子化対策の取組みとして、保険診療による医療費の自己負担分を市が助成することにより、子育て世帯の経済的負担の軽減を図るものでございます。

そのうち、「こども医療費助成制度」は、本市の独自施策として、平成26年10月に創設いたし、現在、市内在住のすべての小学生と、市民税非課税世帯の中学生を対象に、保険診療による医療費の自己負担分を助成しているところでございます。

冒頭申し上げましたように、本年10月から中学生の入院費の助成につきまして、父母の所得制限を廃止することで、すべての中学生の保険診療による入院費の自己負担分が無料となります。

この度の制度拡大によりまして、新たに対象となります中学生には、入院時に医療機関で呈示する「福祉医療費受給者証」を交付いたしますので、申請が必要となります御家庭に、「福祉医療費受給者証交付申請書」を7月28日火曜日に発送いたします。

今後とも、子育て世代における経済的負担の軽減や安心して子育てができる環境づくりなど、結婚から妊娠・出産・子育てへの切れ目のない支援を展開してまいりたいと考えております。

雪舟生誕600年関連記念事業の実施について

本記念事業は、本年が、本市ゆかりの画僧・雪舟の生誕から600年の節目の年でありますことから、「山口ゆめ回廊博覧会」プレイベントにおけます、本市の主要な取組の一つと位置づけ、実施するものでございます。

山口ゆめ回廊博覧会につきましては、博覧会実行委員会や各市町におきまして、事業内容や日程の調整が進められているところでございますが、本市における主要事業の一つであります雪舟生誕600年記念事業につきましては、調整が整いましたことから、事業内容を発表するものでございます。

はじめに、当該記念事業全体の実施期間及び実施場所についてでございます。

当該記念事業につきましては、9月から11月を実施期間といたしまして、大内文化特定地域及び常栄寺雪舟庭、山口駅周辺を中心に展開することといたしております。

次に、雪舟生誕600年ロゴマークにつきましては、記念事業開催に係る気運の醸成及び周知等を目的といたしまして作成いたしたものでございます。

デザインモチーフは、雪舟を庇護した大内氏の「大内菱」でございまして、大内文化の華やかさを連想させる金色と、大内塗の特徴である朱色を用いております。

次に、期間中に行いますイベントについてでございます。

まず、山口情報芸術センター[YCAM]につきましては、2013年に、YCAM10周年記念事業の取組として公開をいたしました、坂本龍一氏による「Forest Symphony」及び「water state 1」の新バージョンを公開いたします。

こちらは、当該記念事業におけます回遊性向上の観点から、「Forest Symphony」につきましては、雪舟ゆかりの史跡 名勝・常栄寺雪舟庭を舞台に、「water state 1」につきましては、大内文化特定地域、中心商店街の玄関口となりますJR山口駅周辺の倉庫をサテライト会場として展示をいたします。

この他にも、十朋亭維新館及びクリエイティブ・スペース赤れんが、山口市菜香亭、山口市歴史民俗資料館での企画展や、施設間連携によるスタンプラリー、大内ナイト2や山口ゆらめき回廊など、多様なイベントを開催することといたしております。

なお、各イベントの開催日程等につきましては、お手元の資料をご覧ください。
また、昨年度に引き続き展開いたします「山口市観光周遊 1日乗車券」につきましては、市内外の皆様に、是非ご利用をいただきまして、各種イベント、企画展にお出かけいただきたいと考えております。

本市といたしましては、雪舟生誕600年を機に、これらの記念事業を展開いたしまして、雪舟ゆかりの地である本市の歴史や文化の魅力を、市内外に向け、積極的に発信してまいります。

加えまして、新型コロナウイルス感染拡大防止への対応につきましては、「新しい生活様式」を踏まえた、感染拡大防止と社会経済活動の両立が求められておりますことから、実施にあたりましては、市民の皆様をはじめ、本市にお越しになる皆様に、安心してお楽しみいただけますよう、各施設やイベント会場におきまして、マスクの着用や手指の消毒、ソーシャルディスタンスの確保をお願いいたしますほか、施設職員等の感染防止対策の徹底など、万全の体制を整えまして、皆様をお迎えしたいと考えております。

「やまぐち新進アーティスト大賞」の再開について

本賞は、将来一層の活躍が期待される本市在住もしくは本市に活動拠点を置くアーティストに賞を贈ることにより、創作活動の奨励や展覧会の開催などを通じたアーティスト活動の周知・育成を図ることを目的としており、平成29年度に第10回を迎え、これまでに14名の新進気鋭のアーティストを輩出したところでございます。

また、このようなアーティストの育成・支援を直接の目的とした事業は、県内他市になく、山口市芸術家育成支援事業運営協議会からも、これまでの取組の成果を踏まえまして、文化芸術との出会いがあるまちづくりを進める本賞を継続していくことが必要であるとの御提言をいただきましことから、本事業を再開していくことを決定いたしたところでございます。

併せまして、受賞者の情報発信の機会を十分に確保し、受賞者の知名度向上の支援を充実するため、これまで毎年開催としていました本賞を2年に1度の隔年開催とし、アーティストの発掘と発信の強化を図ることといたしました。

今後の日程といたしましては、8月3日から市のウェブサイトや要項配布によりまして募集を開始いたしまして、2月上旬に賞の贈呈を行う予定といたしております。なお、受賞者への奨励内容といたしまして、表彰状及び創作活動費として副賞50万円を贈呈いたし、受賞の翌年度に市内での展覧会の開催及び広報支援をしっかりと行うことでアーティストの知名度の向上や活動の場の開拓を図ってまいりたいと考えております。

本市におきましては、本年3月に「山口市文化創造ビジョン」を策定いたし、「創造文化都市やまぐち」の実現に向けて新たなスタートを切ったところでございます。

こうした芸術家育成支援事業の実施を通じまして、暮らしの中でアートに触れる機会を創出しますとともに、芸術家の文化芸術活動を支えることによりまして、市民の皆様の創造力を育む文化芸術による好循環・好影響の仕組みづくりをこれからも進めてまいりたいと考えております。

夏休み特別企画「やまぐち段ボールラビリンス」の実施について

新型コロナウイルス感染症対策のため社会活動が制限される中、小中学校の長期臨時休業の影響で夏休み期間が短縮となるお子様たちに向けまして、短い夏休み期間の中でも気軽に御参加いただける遊びと学びの機会を提供するため、山口市中央公園を会場に、屋外型迷路イベント「やまぐち段ボールラビリンス」を実施いたします。

この「やまぐち段ボールラビリンス」は、これまで山口情報芸術センターの事業で培ったノウハウを活用いたしまして、段ボールを使用した可変可能な、縦30m、横20m程度の迷路を中央公園に設置するものでございます。参加する子どもたちがコースを考え、ルートを変更するなど、子どもたちが楽しみながら遊び方を変化させていく、創造性を育むイベントとなっております。

開催期間は夏休み期間中の8月1日から16日までのうち、火曜日を除いた14日間でございまして、午前11時から午後5時までの6時間で運営してまいります。

会場では、新型コロナウイルス感染症対策といたしまして、体温チェックや消毒液の設置を行うほか、迷路の入場には空間に対する人口密度を考慮した人数制限を行うことで「3密」とならないよう配慮してまいります。

また、熱中症対策といたしまして、迷路上には巨大なテントを設置いたし、日影を演出してまいりたいと考えております。

迷路の利用は、30分ごとの総入れ替え制で入場料は無料でございます。

これまで本市では、さまざまな新型コロナウイルス感染症への経済対策を行ってまいりました。そして、今後はV字・U字回復期を見据え、新しい生活様式の定着を図りながらの社会経済活動の継続が求められているところでございます。そうした中、これまで休止されていた文化的活動も、その実施形態等を工夫しながら再開していくことが、社会経済活動の継続の上でも重要になってくると感じております。YCAMのこれまで培ってきた知見を活用して、こうした取組を実施できることは、本市の強みであると考えております。

期間中は、ぜひ御家族連れで、またお友達と一緒に、中央公園にお越しいただきまして、夏休み限定の遊び場「やまぐち段ボールラビリンス」をお楽しみいただければと存じます。

「アートで観るやまぐち」ポータルサイトにおける「食」のコンテンツのページ開設について

本サイトは、令和元年9月に制作いたしました本市観光PR動画「アートで観るやまぐち」を軸としまして、新たな観光プロモーションの展開を図ることを目的として制作したものでございまして、この度、新たに「食」のコンテンツである「たべ先案内」及び「イートマップ」のページを開設することといたしております。

御案内のとおり、観光におきまして「食」の魅力は、非常に重要でございます。「地元食材」をふんだんに使ったお料理や、その土地でしか味わうことのできない「ご当地グルメ」など、その地域ならではの「食」を楽しみに来られる方が多く、その情報はインターネットやSNSで探すことが非常に多くなっております。こうした中、本市におきましても、本サイトで掲載いたします、本市の見た目にも美しく、楽しいお料理の数々を広く発信することによりまして、そのお店を訪れた観光客の皆様に本市の「食」を楽しんでいただきますとともに、観光客の皆様がSNSなどを活用して情報を拡散することによります、更なる波及効果も期待しているところでございます。

また、本市PR動画につきましては、本年4月に「第14回山口県広告大賞」で賞を受賞するなど、皆様から高い評価をいただいたところでございます。そこで本サイトでは、国外の方にも本市PR動画を視聴いただけるよう、英語、中国語の簡体字と繁体字、韓国語の4つの言語による字幕版も制作しているところでございます。

本市といたしましては、これらのコンテンツを通じまして、「食」を通した本市の更なる魅力を知っていただき、本市を訪れる動機付けにしていただくことで、新型コロナウイルス禍で制限された人の流れを、市民の皆様から市外、県外そして国外の皆様へと段階的に呼び戻すことができるものと期待しておりますとともに、今後も本市の魅力を発信していきたいと考えております。

 

記者発表資料

こども医療費助成制度の対象拡大について [PDFファイル/161KB]

こども医療費助成制度拡大チラシ-表 [PDFファイル/464KB]

こども医療費助成制度拡大チラシ-裏 [PDFファイル/565KB]

雪舟生誕600年関連記念事業について [PDFファイル/1.27MB]

YCAM作品情報 [PDFファイル/418KB]

浜田真理子プロフィール [PDFファイル/237KB]

雪舟生誕600年関連記念事業スケジュール [PDFファイル/522KB]

山口市観光周遊1日乗車券パンフレット [PDFファイル/2.48MB]

「やまぐち新進アーティスト大賞」の再開について [PDFファイル/177KB]

夏休み特別企画「やまぐち段ボールラビリンス」の実施について [PDFファイル/455KB]

「アートで観るやまぐち」ポータルサイトにおける「食」のコンテンツページ開設について [PDFファイル/228KB]

「アートで観るやまぐち」ポータルサイトにおける「食」のコンテンツページの概要 [PDFファイル/5.66MB]

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)