ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者会見 > 令和2年1月定例記者会見を開催しました

令和2年1月定例記者会見を開催しました

印刷用ページを表示する掲載日:2020年1月30日更新 <外部リンク>

令和2年1定例記者会見を開催しました

会見をする市長会見をする市長

 

日時

令和2年1月29日(水曜日) 11時から11時40分

会場

山口総合支所 市政記者室

発表内容

(仮称)湯田PAスマートインターチェンジについて

(仮称)湯田パーキングエリアスマートインターチェンジは、中国自動車道湯田パーキングエリアから市道御堀平井線に接続するものでございまして、本市及び西日本高速道路株式会社が事業主体となり整備を進めてきたところでございます。事業の実施に当りましては、地権者をはじめ、地元関係者の皆様や国土交通省、山口県、山口警察署等の関係機関、そして多くの皆様の多大なる御理解と御協力を賜わりまして、お陰様を持ちまして年度内にスマートインターチェンジの工事が完成する見込みとなり、3月21日15時に開通する運びとなりました。

このスマートインターチェンジは、山口県内では初めての設置となりまして、中国自動車道の山口インターチェンジと小郡インターチェンジとの間の延長12.7kmの中間点付近に位置しますことから、高速道路がより身近なものとなり、利便性が大きく向上いたします。

整備効果といたしましては、湯田温泉を中心とした周辺観光との周遊・連携ネットワークが強化されまして、滞在型周遊観光の促進が図られるとともに、イベントやコンベンション開催地としての優位性が一層高まることにより、地域活性化に寄与するものと考えております。また、防府方面と山口市街地方面との災害時に備えた交通ネットワークの多重化が図られるとともに、スマートインターチェンジ直近には広域避難場所である『山口大学』がございますことから、スマートインターチェンジを活用した多様な救援活動の支援も期待されているところでございます。

スマートインターチェンジの名称につきましては、観光ブランドとしての「湯田温泉」の認知度の向上を図るために、私どもがかねてより要望いたしておりました、「湯田温泉スマートインターチェンジ」に決定されました。さらに、開通と同時に休憩施設名称も「湯田温泉パーキングエリア」に変更となります。

なお、3月21日の開通日には、開通記念式典等の開催を予定しておりますので、詳細が決まり次第お知らせをさせていただきます。

湯田温泉スマートインターチェンジの完成は、市民の皆様をはじめ、地元経済団体からの期待も大変大きいところでございまして、この度の整備によりまして、広域ネットワークの強化が図られ、本市が進める魅力的で躍動感あふれる広域県央中核都市づくりに大いに貢献するするものと考えております。
 

台湾ランタンフェスティバルにおける山口七夕ちょうちんまつりの紅ちょうちんの飾りつけについて

令和2年2月8日から23日まで台湾の台中市で開催されます「台湾ランタンフェスティバル」のメイン会場において、山口市から紅ちょうちんを運び込み、台湾で伐採した笹竹に飾り、国外で初めて飾りつけを行います。

ランタンフェスティバル参加の背景でございますが、昨年度、本市において全国都市緑化やまぐちフェア「山口ゆめ花博」が開催され、台中市においても「2018台中フローラ世界博覧会」が約半年間の会期で開催されました。本市は、花にまつわる博覧会を御縁に、相互交流・情報発信の契機と捉え、台中フローラ世界博覧会会期中の昨年3月に観光ブースを設置し、着物の着付け体験等を行ったほか、山口県の伝統行事である餅まきなどのシティセールスイベントを実施したところでございます。こうした御縁から、「台湾ランタンフェスティバル」への参加についてお誘いをいただき、準備を進めてまいったところでございます。

参加内容についてでございますが、長さ6m程度の竹12本を使用して、お手元の配布資料に掲載しているイメージのとおり、会場内に紅ちょうちんを飾るほか、本市の七夕ちょうちんまつりの写真画像の看板を設置して本市の観光PRを行います。また、このたびの飾りつけに伴いまして、開幕式前の2月6日に、展示会場で台中市関係者と合同で山口七夕ちょうちんまつりの紅ちょうちん点灯式を実施することとしておりまして、現地メディアなどに山口七夕ちょうちんまつりが紹介される予定でございます。加えまして、かねてより台湾の友好クラブ(台中北屯扶輪社〔たいちゅうぺいとんロータリークラブ〕)と交流があります、山口南ロータリークラブ様から、台湾との交流・誘客を促進するために、台湾で人気が高まっておりますドリンクホルダーを観光PRのノベルティとして2月3日に本市に御寄贈いただく予定がございます。このドリンクホルダーをランタンフェスティバル会場内に設置いたします、本市観光ブースにおきまして、来場記念品として配付することによりまして、足をとめていただくなど、本事業のさらなる盛り上がりとPR効果の拡大に活用させていただきたいと考えております。

本市からは副市長が参加するほか、山口南ロータリークラブの皆様も参加され、友好クラブである台中北屯扶輪社〔たいちゅうぺいとんロータリークラブ〕との交流も予定しております。「台湾ランタンフェスティバル」は、台湾全土からはもとより、世界中から1000万人以上の集客実績がある国際イベントであることからも、全世界へ向けて情報発信ができる貴重な機会でございまして、本市といたしましては、本市が誇る山口七夕ちょうちんまつりを、台湾をはじめ世界中に知っていただく好機と位置づけ、交流を深めてまいる考えでございます。

また、今後も、本事業はもとより、これまでの台湾との御縁や取組を生かしまして、山口県や近隣各市町とも連携しながら、台湾からの誘客に資する旅行博覧会や商談会等に積極的に参加することにより、本市のシティセールスにつなげまして、インバウンド観光誘客や台湾との相互交流を推進してまいりたいと考えているところでございます。
 

 

記者発表資料

(仮称)湯田PAスマートインターチェンジについて [PDFファイル/1.16MB]

台湾ランタンフェスティバルにおける山口七夕ちょうちんまつりの紅ちょうちんの飾りつけについて [PDFファイル/191KB]

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)