ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

街路事業

印刷用ページを表示する掲載日:2016年9月1日更新 <外部リンク>

 山口市では、街路事業として、都市計画道路の整備を進めています。都市計画道路は、交通機能や市街地の骨格系性機能等の多様な機能を有し、市街地の円滑な都市活動を支える根幹的施設として、都市の将来像を踏まえて、都市計画法に基づいて都市計画決定された道路です。現在、山口市には69路線あり、そのうち43路線は整備済みとなっています。

路線概要図整備状況写真(平成26年11月現在)

完了期間宣言路線

街路事業において、用地買収や工事未着手区間が残りわずかな路線について、今後の一定期間内に事業を完了させる路線を「完了期間宣言路線」として公表することにより、国からの重点的な支援を受けることができることから、都市計画道路の早期供用に向けた取り組みの一つとして全国的に実施されています。

現在、以下の路線について、完了期間を宣言し、事業を集中的に実施し、早期事業効果の発現に向けて取り組んでいます。

東山通り下矢原線

所在地:山口市若宮町
延長:409メートル
幅員:16メートル
完了年度:平成28年度