ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > まちづくり > 都市計画 > 駐車場法・バリアフリー新法に基づく届出

駐車場法・バリアフリー新法に基づく届出

印刷用ページを表示する掲載日:2016年9月1日更新 <外部リンク>

 駐車場法・高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー新法)に基づき、一定要件に該当する駐車場は届出が必要となります。

1.駐車場法第12条にかかる届出の対象となる駐車場

 下記アからエに該当する場合は、駐車場法第12条にかかる届出が必要となります。
 ア 都市計画区域内にある
 イ 路外駐車場で自動車の駐車の用に供する部分の面積が500平方メートル以上である
 ウ 駐車料金を徴収する
 エ 一般公共の用に供されるもの

2.バリアフリー新法第12条第1項にかかる届出の対象となる駐車場

 下記アからエに該当する場合は、バリアフリー新法第12条にかかる届出が必要となります。
 ア 建築物又は建築物特定施設であるものを除いた路外駐車場
 イ 自動車の駐車の用に供する部分の面積が500平方メートル以上である
 ウ 駐車料金を徴収する
 エ 一般公共の用に供されるもの


届出に当たっては、下記のものを各2部提出してください。

1のみに該当する場合
 ・路外駐車場設置(変更)届出書
2のみに該当する場合
 ・特定路外駐車場設置(変更)届出書
1、2両方に該当する場合
 ・路外駐車場設置(変更)届出書
 ・バリアフリー新法第12条第1項ただし書きに基づく、路外駐車場設置(変更)届出書に添付する書面

※その他
 ・路外駐車場(休止、廃止、再開)届出書
 ・路外駐車場管理規程(変更)届出書

関連書類 ※ダウンロードします。 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)