ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

障がいを知り共に生きる(1)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年9月1日更新 <外部リンク>

病気や事故はいつ起こるかわかりません。障がいは誰にでも生じうるものなのです。障がいの種類や程度もさまざまであり、同じ障がいでもその症状は一律ではありません。また、複数の障がいを併せ持つ場合もあります

あたたかい地域社会を社会を築こう

目が悪くなれば眼鏡をかけるように、不自由さを補う道具や援助があれば活躍できることはたくさんあります。

人が困っていそうな場面を見かけた場合は、「何かお困りですか」と一声かけて、できる範囲でサポートをしましょう。「障がいがあるから」と決めつけず、それぞれの個性や能力が生かせることを一緒に考えてみましょう。