ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ごみ・環境・ペット > 環境 > 環境マネジメントシステムの普及に向けて

環境マネジメントシステムの普及に向けて

印刷用ページを表示する掲載日:2015年7月29日更新 <外部リンク>

地球温暖化対策は、今や地球規模の喫緊の課題であり、市をはじめとして市民や事業者の皆さんが一体となって取り組むべき重要な問題です。
企業や行政などの組織が環境負荷の低減等の環境活動を継続的に推進するためのしくみである「環境マネジメントシステム」には、「ISO14001」の他に、「エコアクション21(EA21)」や「グリーン経営認証」などがあります。

事業者の皆さんも経営改善にもつながる環境マネジメントシステムを取り入れてみませんか。

ISO14001とは?

国際標準化機構(ISO:International Organization for Standardization)が定めた環境マネジメントシステムに関する国際標準規格のことです。企業や団体が、環境方針、目標、計画及びその実施体制を定め、計画を実施するとともに、その実施状況や環境改善効果を点検し、必要に応じて計画や実施方法を見直す仕組みを導入することにより、継続的改善を進めるものです。

エコアクション21(EA21)とは?

環境省のガイドラインに基づく認証・登録制度で、中小企業等においても容易に環境配慮の取組みを進めることができるよう、環境マネジメントシステム、環境パフォーマンス評価及び環境報告をひとつに統合した環境配慮の手法です。環境に配慮した取組みを進めながら経営を見直すことで、コストの削減、業績アップ、取引先の拡大なども期待できます。

グリーン経営認証とは?

交通運輸事業者を対象に、環境保全に取り組むために創設された環境認証制度のことで、交通エコロジー・モビリティ財団が認定機関となり、一定のレベル以上の環境保全の取組みを行っている事業所に対して認証・登録されます。

関連リンク

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。