ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

グリーン購入について

印刷用ページを表示する掲載日:2016年6月3日更新 <外部リンク>

グリーン購入とは

製品やサービスを購入する際に、その必要性を考え、価格や品質だけでなく、環境に与える負荷ができるだけ少ない物を優先的に採用することを、グリーン購入といいます。環境に与える負荷が少ない物とは、「再生紙を使用している」「省エネルギー型の電気製品である」などがあげられ、製品には「エコマーク」や「グリーンマーク」といった、環境に与える負荷が少ないものであることを示す表示(エコラベル)がされています。

グリーン購入法

2001年4月施行のグリーン購入法(「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律」)により、国の機関はグリーン購入に取り組むことが義務づけられ、地方自治体はグリーン購入に努めるといった努力義務、また事業者や国民にも一般的責務があると定められています。

山口市の取り組み

山口市では、「山口市グリーン購入の調達方針」を作成しています。この方針や環境省の「グリーン購入の調達者の手引き」に沿って、グリーン購入を進めていきます。

関連リンク

関連書類 ※ダウンロードします。

山口市グリーン購入の調達方針 [PDFファイル/436KB]

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)