ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

地域づくり協議会とは

印刷用ページを表示する掲載日:2016年9月1日更新 <外部リンク>

本市では、自治会を中心として様々な団体が連携し、地域づくりに取り組む主体を総称して「地域づくり協議会」と位置づけており、現在、市内21地域のすべてに地域づくり協議会が組織されています。

各地域交流センターの中に地域づくり協議会の事務局があります。

 

地域づくり協議会のかたち

地域づくり協議会のかたちについては、こうでなければならないという定まったものはありません。

名称や組織も、例えば、「○○自治会連合会」や「△△地域コミュニティ推進協議会」などの既存組織の名前や組織をそのまま活用したり、あるいは新たに「××地区地域づくり協議会」という名前の組織を立ち上げた地域もあります。

組織形態も、その地区の実情に応じたものとなっています。

 

地域づくり協議会の役割

  1. 地域課題の解決への取り組み

    様々な地域課題に対し、地域でできることについて積極的に解決に取り組みます。
     
  2. 地域の調整、とりまとめ役

    地域の様々な力をつなぎ、調整する機能、また、地域のとりまとめ役として、地域内での合意形成を図る機能が求められています。
     
  3. 地域の特性や資源を活かした地域づくり

    地域独自の特性や自然、観光資源、文化資源など地域の特性や地域の資源を継承・活用することにより、特色のある地域づくりを行うことが求められています。

 

地域づくり計画

各地域においては将来どのような地域を目指すのか、またそのためにどのような取り組みをするのかといった、活動の指針となる「地域づくり計画」が策定されています。

 

地域づくり交付金

地域づくり計画に基づき実施される、地域の課題を解決するための活動や、そのための組織運営を担う事務局経費などに対して市より「地域づくり交付金」を交付しています。 

詳細については、地域づくり交付金について のページをご確認ください。

 

 

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)