ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市政トピックス > 展覧会「チロでポジティブ」オープニングセレモニーを行いました

市政情報を掲載しています。


展覧会「チロでポジティブ」オープニングセレモニーを行いました

印刷用ページを表示する掲載日:2017年12月1日更新 <外部リンク>

平成29年11月30日(木曜日)、山口井筒屋5階美術ギャラリー前で、展覧会「チロでポジティブ」のオープニングセレモニーを行いました。

本市では、将来一層の活躍が期待される本市のアーティストに賞を贈るとともに、地元のアーティストを身近に感じ、地域で支える仕組み作りを目指す山口市芸術家育成支援事業を行っています。この一環として開催する今回の展覧会では、アーティストの活動を広く皆さんに知っていただくため、第9回新進アーティスト大賞受賞者の吉村大星さんの作品を展示しています。

オープニングセレモニーで市長は、「吉村さんの作品は、色鉛筆で描かれた写実的な対象と、ピントをぼかした背景が絶妙なバランスの中で展開をされている。来場いただく皆さんには、豊かな創造力から生み出される作品を通じて、吉村さんをもっと知っていただき、今後の活動を一緒に応援するサポーターとなっていただきたい」と述べました。
また、吉村さんは、「展覧会のタイトルのチロとは、近所にいる猫の名前。4年前に体調を壊した上、父が他界した。心身が落ち込んだときにチロが家の前に現れ、チロが子育てをしている様子を見ているうちに僕の心身もポジティブに変わっていった。今年は僕が作家活動を初めてちょうど10年。これまで皆さまの支えがあったことに感謝する。これからも山口で良い作品がつくれるようにがんばりたい」と述べました。

本市では、今後とも、意欲的に創作活動に取り組む地元アーティストを地域で支える環境づくりに取り組んでまいります。

オープニングセレモニーの様子
オープニングセレモニーの様子

第9回新進アーティスト大賞受賞者吉村大星さん(右)
第9回新進アーティスト大賞受賞者吉村大星さん(右)

多くの来場者でにぎわう山口井筒屋美術ギャラリー
多くの来場者でにぎわう山口井筒屋美術ギャラリー

 

この記事に関するお問い合わせ先

文化交流課 ☎083-934-2717

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
良かった点や悪かった点を具体的にお聞かせください。

※1ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。